日本百名山山名考

 北海道分(1〜9)は別項

14.早池峰・・・東西に細長く延びた山である。横長に延びた尾根であることをいう「はひ(延)・ちね/つね(尾根)」の転が「はやちね」と考える。「ちね/つね」は北海道方言で尾根の意で北東北出身者由来と思われる。

43.浅間山・・・活動的な活火山で今ある山の姿になってまだ間が浅い山と言う印象であることを言う、「あさ(浅)・ま(間)・山」と考える。古代に活動的であった富士山も浅間とされる。活動的な火山で山肌に樹木が無く「あらわだ」とか「むき出しだ」の形容動詞「浅ま(「ま」は情態)」な山かとも考えてみたが、「浅ま」が用いられた時代がやや新しいということと、富士山・阿蘇山の名を合わせて考えると、荒削りで新しげな様をいう形容動詞「あさま(浅間)」を推定する。或いは「あさ(浅)・さま(様)」の約で、むき出しで深みのない山肌一帯を指して呼んだか。

47.鹿島槍岳・・・鹿島川の奥にある岳ということの「鹿島入りヶ岳(かしまいりがたけ)」の転訛が「鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)」と考える。鶴ヶ岳は双耳峰であることの「つれ(連)ヶ岳」か、「つら(連)ヶ岳」の転と思われる。

48.剣岳・・・剣沢の源頭の岳であろう。剣沢の名は、上の方が広く緩やかで、緩やかな上の方から引っかかるように続く急峻で険悪な剣沢の下の方の様子を「たれ(垂)・ぐえ(潰)」と言ったのが、「つ」がtsuではなくtuであった鎌倉時代以前の音で転訛したのが「つるぎ」ではなかったかと考える。

56.常念岳・・・万能鍬の雪形で呼んだ「じょれん(鋤簾)・を(峰)」の転訛が「じょうねんぼう」だろう。「常念」は「じょれん(鋤簾)」だろう。

60.御嶽

69.瑞牆山・・・特徴的な西面が釜瀬川の開けた最奥の崖場ということの「むつ(奥)・が(助詞)・くえ(崩)」山の約・転が「みづがき」のような気がしている。「むつ」は陸奥や「みつ」が付く最奥に位置する谷の名から考えたが古語辞典等に見ていない。「みつ」の付く奥の例を集めたい。

70.大菩薩岳・・・ガレた旧大菩薩峠の所である賽ノ河原の所で尾根を越える道であると言う事の、「つえ(潰)・をそ(峰背)・ち(道)」の転訛が「だいぼさつ」と考える。妙見大菩薩は同ガレ場を、つえ(潰)の部分を言い換えた「めげ(壊)・の・だいぼさつ」とも言ったと言う事だろう。八幡大菩薩は同様に「はつれ(解)・の・だいぼさつ」だろう。「をそ」の「そ」は「せ(背)」交替形で、諸地の尾根越えの「獺越(おそごえ)」などに見られる「おそ」や「うそ」と同じものと考える。

79.鳳凰山・・・鳳凰三山が横長に広がって一つの山体として聳えて見えることを言う「はひ(延)・を(峰)」の転が「ほうおう(鳳凰)」ではないか。四国の法皇山脈も高さの変化の少ない山並みが一直線に続いて聳え続ける「はひ(延)・を(峰)」山脈ではないか。

89.伊吹山・・・伊吹地区の山と言うことであろう。伊吹地区は姉川の平野が伊吹山へ南向きで引っ込んだところにある。「うばがふところ」などで使われる何らかの居心地の良い窪地を指す「うば(或いは「うば」に転訛した言葉)」の奥に入った所と言うことの、「うば・おき(澳)」の約・転が「いぶき」と考える。「うばがふところ」は同義反復の窪んでいて風の当たらない「うばヶ節(ふ)所(ところ)」であろう。当初は日当たりの良い所が「うば」かと考えていたが、木曽駒ヶ岳の北向きの深いカールである「山姥」(麦草岳東方)に行って日当たりについての意味はないと考えを改めた。古事記の伊服阜能山は伊吹地区同所で窪んだところと言うことの同義反復の「うば・ふ(節)」の山か。

91.大峰山・・・山上ヶ岳(さんじょうがたけ)は大峯山寺などの中世以前からの寺社領の山と言うことの「散所(さんじょ)・尾(を)ヶ岳」と考える。八経ヶ岳(はっきょうがたけ)/仏経ヶ岳(ぶっきょうがたけ)/八剣山(はっけんさん)は東面の崖に注目した「岨(はっけ)・尾(を)ヶ岳」/「岨(はっけ)・の・山(せり)」と考える。

92.大山

93.剣山・・・つるみ(連)・せり(山)。剣山と次郎笈と言う二つの山が連なって一つの大山となっているということだろう。次郎笈(じろうぎゅう)は南面のガレ場に着目した「ズリヶ尾(ずりがを)」の転訛でないか。

97.阿蘇山・・活動的な中央火口丘が今ある姿になって日が浅い山、或いは荒れたむき出しの山であるという印象と言うことの、「あさ(浅)・を(峰)」の縮が「あそ」と考える。丹後の阿蘇海は天橋立という畔のように水域を区切る細長い微高地がある所の海ということの「あ(畔)・そ(所)」の海と考える。

99.開聞岳

参考文献
深田久弥,日本百名山(新潮文庫ふ-1-2),新潮社,1987.
橋本進吉,古代国語の音韻に就いて 他二篇(岩波文庫青151-1),岩波書店,2007.
楠原佑介・溝手理太郎,地名用語語源辞典,東京堂出版,1983.
中田祝夫・和田利政・北原保雄,古語大辞典,小学館,1983.



トップページへ

 資料室へ 
大手のエステ
(2018年8月21日七山からスタート)