袴腰山の位置の地図

二観別岳から

袴腰山(約877m)
はかまごしやま
ニシュクアンベツ沢

 袴腰山は道内外に幾つか見られる山名であるが袴の腰板に似ている形状であることが由来の山名1)だという。南側から登ってみた。沢としてはガラガラの石ばかりの沢であまり面白くなかった。沢の名は現在の地形図には振られていないものだが明治時代の地図による。


★登り(ニシュクアンベツ沢) 

 えりも町上近浦のバス停からニカンベツ林道を歩き、標高210mでニカンベツ本流に右岸から落ち合う沢がニシュクアンベツ沢である。ここからは袴腰山がよく見えるが腰板型ではない。林道跡が本流を渡渉して標高310m付近の土場跡まで続いている。

 沢は伏流気味で土場の辺りでもほとんど水はない。標高400m辺りまで踏み跡が有るような無いようなハッキリしない沢筋だ。踏み跡のように感じたのはこの辺りに多い鹿の道だったかもしれない。


ニカンベツ川流域の岩塔群

林道跡の奥に袴腰山

 沢は伏流気味のまま傾斜が強まり、630mあたりが水源で完全に消える。その後もしばらくガレガレの沢筋である。白い花崗岩質の岩が美しい。750mあたりから熊笹のヤブ漕ぎ。熊笹の丈は高め濃いめ。


下の方には苔がある

白いガレの沢

源頭

稜線

 鞍部に上がると三角点のある西峰より東峰の方が高いような気がしたので、まずは東峰に行ってみた。稜線に上がると膝ほどの積雪にハイマツブッシュが煩くて歩きにくい。東峰の頂上は高いハイマツの壁を抜けた向こうにあり、潅木に囲まれた非常に展望の良い場所だった。純白の楽古岳を始めとした日高山脈主稜線の山々、二観別岳豊似岳、それぞれ聳えて美しい。

 三角点のある西峰へはヤブが濃く、積雪で地面も見えないので横たわるハイマツの幹の上を歩いていくが、中でもハイマツとアカエゾマツのミックスのヤブは引っかかり易くて大変。三角点の手前から踏み跡っぽいものが現れた。三角点の周りはエゾマツが生えてそれほど展望が良くない。

 標高だがハンディGPSでは東峰で870m前後、西峰で865m前後を指していた。東峰の方が5mほど三角点より高いと思われる。三角点の標高が872mなので東峰の標高は凡そ877mと見積もった。


東峰から二観別岳

東峰から西峰を望むと

西峰付近から豊似岳

二観別岳と豊似岳の間の
922mピークは目立つ

★下り(西尾根)

 下りは標高650mあたりまで西尾根上を下り、その後、北面の沢を下った。時節柄南向き・西向きの斜面を下りたかったが、西側の沢は覗き込むと非常に急峻で下りられそうにない気がした。

 西尾根の下り始めは等高線のイメージよりは急斜面のような印象だ。時折消えているが薄い踏み跡が有った。780mの出コブは枯れた針葉樹が多く荒涼とした雰囲気。オオワシが背後から近付いてきて驚いた。680mの出コブは危険なヤセ尾根で参った。このコブに登らずに北面に入れば良かった。


780mコブ

西尾根下り

天狗岳は冴えない

 北面の沢はニシュクアンベツの名を記しているのと同じ地図ではシヨーナイの支流に当たる。全く水のない沢で苔と岩礫だけが目立ちナキウサギの声が響いていた。沢筋はニシュクアンベツ同様にガレガレで鹿の骨が落ちていたりした。落ちている鹿の角の先には鹿が歯で削ったような跡が有った。鹿が鹿の角をカルシウム補給のために食べているのか。

 シヨーナイの本流も水がないが、苔はなく真っ白な花崗岩の河原だけがある沢であった。しかしポンニカンベツの本流が近付くと水が流れ出していた。わずかに荒れた作業道跡が林道までの間にあり、ポンニカンベツ林道に出た。ポンニカンベツ林道もニカンベツ林道も状態は良く、歩行に問題はなかった。


苔と岩礫の谷

鹿に食われた鹿の角先


★山名考・川名考

 和名が袴の腰板に似ている故と言うことは冒頭に述べた。道内外の同名の山も袴の腰板の形のようである。

※ニシュクアンベツはnisey ko- an pet
 ニシュクアンベツの名は明治26年の北海道庁による北海道実測切図(以下、道庁20万図)にある。標高や尾根の並びから袴腰山と思しき山(名はペタヌシリウトゥル山)に突き上げているので、そのカタカナの音からアイヌ語のnisey ko- an pet[峡谷・に・ある・川]を考えてみた。スキーリゾートのニセコの由来と同じである。

 ニカンベツ林道沿いを歩いて見るとニカンベツ川で谷が狭まっているのはニシュクアンベツ川出合を中心として上下それぞれ1kmほど、合わせて2km強の区間であり、峡谷が谷が狭まっていると言うこと、または峡谷のごく近くということだけを言うのであればこのアイヌ語の解で良いように思われる。ニセコのニセコアンベツ川出合も尻別川峡谷部に向かっているが出合付近ではそれほどの峡谷ではない。山田秀三はニセコアンベツ川のniseyをニセコアンベツ川の昆布温泉付近の崖でないかとしているが、交通路としての尻別川からnisey ko- an pet[絶壁・に・ある・川]と呼ぶなら、nisey[絶壁]は奥まった昆布温泉付近の川底の絶壁ではなくニセコアンベツ川合流点対面の尻別川の絶壁ではないだろうか。今回見てきてニシュクアンベツそのものに峡谷はないとは言える。ニシュクアンベツ出合より下流は谷が狭いとは言っても基本的に河原の川である。上流側では函状地形を部分的に呈しており、林道の頭上には橄欖岩の岩塔が何本も立っている。この峡谷部は橄欖岩ニカンベツ岩体の分布とほぼ一致している。


so mak oma nay
前の滝(so)?
ソーマクオマナイは後方左手

 道庁20万図ではニシュクアンベツ沢出合より少し上流に「ウヌンコイ(川の両側が狭い断崖になっていて、川伝いに登っていった人がそこから先は通り抜けることができず引きかえさねばならぬような地形)」「シュオ(函)」と記している。ニシュクアンベツ出合の300mと500mほど上流側には、ウヌンコイのイメージと合う函状地形があった。また、ニシュクアンベツ沢出合の200m下流で合流する右岸の沢にソーマクオマナイと記している。so mak oma nay[滝・の後ろ・にある・河谷]かと思われる。ソーマクオマナイ出合の下流側を観楓橋(ニカンベツ川とポンニカンベツ川の合流点付近)から遡行してみたが、50mほど下流に落差1m程度の岩盤の落ち込みはあるものの滝と呼んでいいのか疑問の残る姿であった。しかし下流側にそれ以上の滝はなかった。林道造成で滝の下の方は岩で埋もれてしまったのかもしれないと考えてみる。

※ショナイは袴腰山西面沢 so o nay
 シヨーナイはso o nay[滝・についている・河谷]と考えた。が、滝はなかった。一本下流でポンニカンベツ川合流する袴腰山西面の沢は7,8mのきれいな滝となってポンニカンベツ川に落ちていた。道庁20万図の記載ミスと思われる。また、この川は上流部にも数十m規模の大きな滝があるのが対岸の天狗岳から見えた。so滝は出合の滝を指していると思うが、アイヌ語地名でよく聞くオソウシo- so us -i[川尻(に)・滝・についている・する所]との違いもよく分からないので、上流の様子も記しておく。袴腰山西面沢出合の滝は暗くなってから通過したので写真に撮れなかった。

 道庁20万図ではポンニカンベツ川のシヨーナイの一本上流側の左岸支流にはプミニュツペッと書かれている。これが自分の歩いた道庁20万図上のシヨーナイの本名の可能性はある気がするが判断できない。ポンニカンベツ川流域はニカンベツ川流域とほとんど同じ規模があるのに道庁20万図では振られた地名の数がニカンベツ本流に比べてかなり少ない。本流域に比べると雑に行われた印象を受ける。pumini ot petなぞ考えてみたがプミニと言う木の名は無いようだし、otは動くものに使われると浜田さんとこのHPに書いてある。禁じ手だがミはシとカタカナで見間違えやすいとてpusni ot pet[ハシドイ・がゴチャゴチャある・川]で、ニpus ni[はねる・木]としてハシドイなら動くもの扱いされても良いかと考えたりするも、ハシドイが跳ねるのは火にくべた時だというし、プニがハシドイを意味するのはアイヌ語美幌方言で、一般的にはホウノキを指すようである。ホウノキは積雪で撥ねたりしない。個人的な印象だがハシドイは雪が消えかかった時や人が踏んだ時に跳ねる(動く)木でもあるとは思う。しかし、ハシドイがあの沢に多かったかどうかまでは分からなかった。プミニに似た音の動物名も見当たらなかったけれどフミルhumiruy[エゾライチョウ]と言うアイヌ語はある。humi ruy[音・はげしい]でエゾライチョウのことだそうで、エゾライチョウはあのけたたましい羽ばたき音も声も聞かなかったし見かけもしなかったけれど、音といえばナキウサギの鳴き声は川底で聞ける谷だったとは思う。ナキウサギは出ない時は本当に出ないので化かされているかも知れないがニシュクアンベツやニカンベツ川上流域よりよく聞いた印象がある。〔humi -nu -i〕 ot pet[その音・をもつ・もの・いる・川]かと考えてみたりするも、ナキウサギのアイヌ語の名は分かっていないという。

※袴腰山はペタヌシリウトゥ
 道庁20万図では袴腰山の位置にペタヌシリウトゥル山と山名がある。同図においてペタヌはポンニカンベツ川右岸支流(天狗橋の次の支流)だけに振られているが、ペタヌシリウトゥル山の記載からはポンニカンベツ川とニカンベツ川でpet-awna[川・の内側]を為していると考える。松浦武四郎の記録に猿留川の上流の山の名として、よく似た音のヘタンシルトルがあるのが気にかかる。猿留川のヘテウコピ(川の二股)の間にあり、二股の左はアベヤキ川の後ろに行くという文章から推測されるヘタンシルトルの位置は二観別岳の位置である。資料によってはその辺りを「ペタンヌプリ」と記している。道庁20万図に振られるようにニカンベツ川流域だけのペタヌに因む袴腰山の名だったのではなく、ニカンベツ川と猿留川の二つのpet-awna、計四つのpetの枝に囲まれた二観別岳の山塊としての名であり、その一角としての袴腰山にペタヌシリウトゥル山の名が誤って明治時代に付されたのではないかと考えてみる。ペタヌシリウトゥル、ペタンシルトルはアイヌ語のpet awna o sir-utur[川・の内側・にある・地・の間]ということではなかったかと考えてみる。当初はpet-aw un sir-uturかと考えていたがアイヌ語のwuは日本語のウやアイヌ語のuとは別の音なのでペタヌまで母音が少なくなることはなさそうにも思われる。

 地名アイヌ語小辞典はawの意味の一つに「木や鹿角の枝」をあげているが、アイヌ語沙流方言辞典とアイヌ語千歳方言辞典にその意味が見られない。また、永田地名解がペタヌとペタウで、ウとヌは通音と書いて、ペタヌもpet-awとされてきたが、意味はそれほど変わらないがペタヌやペタンはpet-awnaと考えた方が良いような気がしている。両アイヌ語辞典にも見られる「内」や「隣」の意味で捉えて、pet-awpet-awnaは「枝川」という意味は実は無くて、「二股」「落合」に挟まれた領域であるpet-awna(川の内側)や、川が湾曲する内側であるpet-awna「にある」ことをいうpet-aw opet-awna opet-aw -nuの下略ではないだろうかと考えてみる。

参考文献
1)邑山小四郎,夷語地名解,様似町史,様似町史編さん委員会,様似町,1962.
2)北海道庁地理課,北海道実測切図「襟裳」図幅,北海道庁,1893.
3)知里真志保,アイヌ語入門,北海道出版企画センター,2004.
4)知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
5)山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.
6)工業技術院地質調査所,地質図幅「幌泉」,工業技術院地質調査所,1955.
7)知里真志保,分類アイヌ語辞典 植物編,知里真志保著作集 別巻1,平凡社,1987.
8)知里真志保,分類アイヌ語辞典 動物編,知里真志保著作集 別巻1,平凡社,1987.
9)松浦武四郎,秋葉實,武四郎選集4 巳手控,北海道出版企画センター,2004.



トップページへ

 資料室へ 
(2009年12月11日上梓)