下ホロカメットク山(1668.1m)

 石狩側からは一列に並んでいるように見える十勝連峰だが、十勝側に突き出した支脈があってT字型に山が並んでいる。そのTの字の足の先の部分に他の山々より少し低く、ぽつんと存在している山が下ホロカメットク山である。その形はほぼ完璧な円錐形で尋常でない美しさである。山自体の形の美しさもさることながら、隣の境山との吊尾根はほぼ完璧な双曲線を描いており、私は大雪山系の山々からこの曲線を見るたびに魅了されている。下ホロカメットク山の形は鹿児島県の開聞岳とよく似ているが、標高は遥かに高いものの比高は開聞岳より小さい。また、少なく小さいながら放射谷があるので螺旋コースで登るわけにはいかない。

 登山ルートとしては残雪期に富良野岳原始ヶ原登山道から深い針葉樹林帯を横断するか、山には雪、林道は無雪のコンディションを狙って十勝側の奥十勝林道から北斜面を登るルートが考えられる。時期が早ければ十勝岳温泉から上ホロカメットク山、境山を経由して山の稜線を縦走するルートも可能だろう。幾つかの書物で紹介されているのを見た。私は原始ヶ原を横断するルートを採った。


下ホロカメットク山の地図1下ホロカメットク山の地図2

 2002年は雪が少なく原始ヶ原登山口までの林道に雪は全く無し。

 富良野岳原始ヶ原登山口から林間コースを選んて原始ヶ原を目指す。林間コースは殆どが作業道跡なので雪が残っていても幅広く歩き易い。最後の3の沢の川岸部分は面倒なトラバースが続くがそれほど長くない。

 3の沢を渡り20mほどの台地を一登りすると原始ヶ原に到着する。後は原始ヶ原の雪原をひたすら1083mの原始ヶ原最奥のトウヤウスベ山と十勝連峰のコルを目指して直進する。原始ヶ原は疎林で見通しは良い。景色も良い。最奥の五反沼は湧き水があるようで、少し水面が開いていた。

 1083m鞍部からは見通しの悪い暗い針葉樹林だが、天気さえ悪くなければ時折見える下ホロカメットク山を目指せばよく、問題はない。途中3本の川はスノーブリッジがあったが、水も多くなく飛び石で渡れた。途中、細長い湿原か、南北に細長い木の無い所を何度か横断する。

 1083mコルはポンルーチシ(小さい・峠)というアイヌ語地名が伝わる。ポンルーチシは安政5(1858)年に松浦武四郎が通った山越えルートだったことが佐藤(1996)によって明らかにされたという。ポンルーチシは松浦武四郎の日誌にあるが、フィールドノートである手控には出てこないようである。

 下ホロカメットク山の真西の沢地形から登ることを計画していたが、雪がないようなので境山とのコルまで北に回り込んだ。一の沢は完全に雪で塞がっていたが、左岸が急斜面になっていたので真西の沢型に雪があったとしても北側に回り込んでいたと思う。

 吊り尾根のコルは湿原のようで小さな池があった。コルからの登りだが、支庁界のすぐ南の浅い沢地形が広葉樹の疎林で登りやすく、1550m付近まで雪が残っていた。それより上ではカーペットが広がっていた。山麓のハイマツは猛烈だったが、1550m辺りまで上がるとハイマツの丈も低くなり、簡単に歩けるようになった。残雪には6本以上の爪のアイゼンがあった方が良いように思う。下りは気持ちの良いグリセードが出来た。

 この山は二重式火山のようで、標高1600m近辺に下の火山の火口縁があり、少し平らになっているのが登っていると分かった。鹿児島の開聞岳と同じだ。しかし山頂は開聞岳と違って狭く、痩せていてテントを張れるスペースもないところは違う。東斜面を見下ろすと麓から山頂直下まで雪が続いている様子が見えた。登るなら東側からの方がずっと雪で楽そうだ。

 展望は最高。前富良野岳からオプタテシケ山までの十勝連峰全山が揃って見える。トムラウシ山は鋭く東大雪もニペソツ山はもちろんウペペサンケ山や石狩岳も尖って見える。西の横断してきた樹海は静かだが、東の方は造林の作業道が網目状になっている部分が見えて少しうるさいように感じる。これだけの広い平坦地が林業しか行われていないということに改めて驚きを感じる。


下ホロカメットク山から眺めた十勝岳連峰(前富良野岳〜オプタテシケ山)


★山名考

 明治24(1891)年に神保小虎は北海道地質報文で、この辺りの山名として「カムイメトッ」と「ホロカメトッ」を記している。

 明治27(1894)年に北海道庁の出した北海道実測切図では下ホロカメットク山と思しき位置にパナクシホロカメトヌプリと記されていた。二つめのクは小文字である。明治29(1896)年の陸地測量部による北海道仮製五万分一図ではパナクシホロカメトックヌプリと記されていた。メットクではなくメトックであった。北海道実測切図の「メト」は神保小虎の「メトッ」を何らかの解釈に基づいて変更したようにも思われる。

 解は神保小虎の記した名で完結しているならば、下ホロカメットク山の「ホロカメットク」の部分はhorka metot[後戻りする・深山幽谷]ではないかと言う気がするが、前半のhorkaはルートとしての川を修飾している例が多い。だから更に後ろに、北海道実測切図や仮製五万図ではその川の水源の山としてnupuriが付いてpa -na kus horka metot nupuri[川下・の方・を通る・後戻りする・深山幽谷・山]になったかと考えてみるもmetot[深山幽谷/山中]を一つの川のように扱って良いのかどうかよく分からない。また、扱わないとしても・・・metot nupuri「…・山奥・山」と、似たような意味の名詞がつながることには不自然さを感じる。神保小虎のようにmetot[深山幽谷/山奥]を山名語尾として用いうるのかどうかも分からない。metotを一つの河谷とみなせるとしても、河谷としてのpa -na kus horka metotや、pe -na kus horka metotkamuy horka metot(上ホロカメットク山と関連)をどの谷か特定しなければ、山の名としての解釈につなげられないような気がする。

 仮製五万図のパナクシホロカメトックヌプリの、ヌプリの前のクに説明も付けられない。〔pa -na kus 〔horka metot〕〕 ku nupuri[下・の方・を通る・川の流れる方角が下流と上流で逆になる・山中/深山幽谷・を飲む・山]ならカタカナで書けば、パナクシホロカメトックヌプリとなるが、「山が山中/深山幽谷を飲む」と表現してよいのかよく分からない。ある河谷が一つの山に飲まれているというイメージは想像できないことも無いが、ku[飲む]を地形を主語にして地名中に使った例を知らない。資料中に登場した順序から考えて、はじめは「メトッ」だったのが「メト」になり、更に前の資料が振り返られて小文字の「ッ」が復活したものの「ク」の音も無視できないような気がして「メトック」更に「メットク」となったものと考えるべきなのだろうか。そう考えるとku[〜を飲む]と言うアイヌ語が使われたという想定自体が不適切と言うことになる。メト、メトックという音からは地名においては水源などを指す時に用いられる例の多いアイヌ語のetok[〜の前]と言う言葉が連想される。horkaである何某かの川のetokなら「メ」の音に川の名が隠れていると考えることも出来そうだが、その「メ」をmu -i[塞がる・する所]などかと考えてみるも多分に言葉遊び的で類例も記録も見ない。tuk[小山]やtok[凸起]といったアイヌ語が知里真志保の地名アイヌ語小辞典にあるが、20世紀末の新しいアイヌ語辞典にこれらの項が見られない。それ以前に下ホロカメットク山などは小山や出っ張り程度で表現されるような小さな山ではなく、「メ」の音にも説明が付けられない。もっと神保小虎の記録を素直に読んで、horkametotとは河谷ではなく十勝側から見て手前に戻ってきているような深山幽谷としての境山や下ホロカメットク山のある尾根で、kamuymetotが最奥の上ホロカメットク山周辺の十勝連山の主稜線と考えるべきなのだろうか。川の名に付けられたhorkaは数多いが、尾根のあり方を指してのhorkaの例を知らない。

 北見の頓別川の支流鬼河原川源頭に明治30年の北海道実測切図と明治31年の北海道仮製五万分一図にmetotに近い音の「モトツ」を山名語尾として用いたオロウェンシュプンモトツ、オロピリカシュプンモトツという山名表記があった。鬼河原川はシュウンナイと記されているがオロウェンシュウンやオロウェンシュウンナイ、オロピリカシュウン、オロピリカシュウンナイといった支流の名までは記されていない。シュウンナイの支流のオロウェンシュプンの水源がオロウェンシュプンモトツでオロピリカシュプンの水源がオロピリカシュプンモトツと思われる。この「モトツ」をmetotと考えてよいならnayのような川名の語尾は、その水源付近を指して省略される或はmetotと入れ替わることがあると考えてよいのか。アイヌ語山名では川を指すpetnayが落とされて替わりに山を指すnupuriなどの言葉が入り、「・・・川の水源の山」といった意味の山名となっていることがよく見られる。pa -na kus horka metotとは〔pa -na kus 〔horka (SORAPCI)〕〕 metotで、下ホロカメットク山の東に水源を発するホロカソラプチ川の山奥であり、ホロカソラプチ川がパナクシホロカソラプチで、「パナクカソラチ(川)の水源(の山)」といったニュアンスになったものか。下ホロカメットク山の西の境山に水源を持つ支流(一の沢)か、その上の支流が、上ホロカメットク山に突き上げるシイソラプチに対してパナクシホロカソラプチと似たような位置関係にあるpe -na kus 〔horka (SORAPCI)〕であったか。現在の地形図ではホロカソラプチ川は下ホロカメットク山に接しているが、ホロカ十勝川は接していない。尤も、ホロカソラプチ川の位置は明治時代の地形図より今の位置とあるがシイソラプチ川に対してhorkaな位置と言えるのか、90度曲がっているだけで後戻りしているという感じではないので疑問の残る所ではある。

 パナクシホロカメトヌプリとは〔〔pa -na kus 〔horka (SORAPCI)〕〕 metot〕 nupuri[下・の方・を通る・後戻りする・(空知川)・の山奥・の山]であったかと考えてみるが、神保小虎の記録でmetotが所属形のmetociでないようなのが気にかかる。

 小泉秀雄(1918)は現在の下ホロカメットク山に「尖り山」や「槍ヶ岳」の名を提案しているが、定着しなかったようだ。これらの山名は坂本直行のスケッチなどのタイトルで用いられているのを見かけたことがある。小泉秀雄(1918)はトウヤウスベ山から下ホロカメットク山にかけての高原に「羆ヶ原」の名を提案しているが、こちらも定着しなかったようだ。

 松浦武四郎の安政5年の十勝ルーチシ越の際の野帳である午手控の翻刻の頭注で解読者の秋葉氏は松浦武四郎の記したサヲロノホリを下ホロカメットク山としている。しかし、氏の解読された松浦武四郎の文章を読む限り、サヲロノホリは佐幌岳で下ホロカメットク山については何も述べていないように私には読める。日高山脈主稜線上のルウチシ(峠)から磁石を南に切ってシノマイサヲロの小沢とノシケタサヲロの間を峯まま(尾根上を)進み、「右の方シノマイサヲロの向」にあるのは佐幌岳しかない。

参考文献
佐藤輝雄,十勝ルーチシを尋ねて,pp2-6,20,松浦竹四郎研究会会誌,松浦武四郎研究会事務局,1996.
松浦武四郎,秋葉実,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 上,北海道出版企画センター,1985.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集5 午手控1,北海道出版企画センター,2007.
神保小虎,北海道地質報文(明治後期産業発達史資料173巻 第4期 鉱工業一班篇2),龍渓書舎,1993.
小泉秀雄,北海道中央高地の地学的研究,pp205-452,12(2・3),山岳,日本山岳会,1918.
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
北海道庁地理課,北海道実測切図「夕張」図幅,北海道庁,1894.
北海道庁地理課,北海道実測切図「頓別」図幅,北海道庁,1897.
陸地測量部,北海道仮製五万分一地形図「十勝岳」図幅,陸地測量部,1896.
陸地測量部,北海道仮製五万分一地形図「頓別」図幅,陸地測量部,1898.



トップページへ

 資料室へ 
(2002年5月10日上梓 10月13日写真挿入及び修正 2012年4月22日山名考修正)