さまにさんどういちのちず
様似山道
さまにさんどう

 江戸時代の北海道の外周を結ぶ道のひとつ。日高耶馬溪と呼ばれる様似町の断崖絶壁連なる海岸線を迂回するために中村小市郎などの尽力によって作られたが明治2(1869)年になって、残された電話線の為に電電公社は手入れをしていたようだが街道としての整備がされなくなり、更に明治24(1891)年の海岸線のトンネル開通後は忘れられ廃道となっていたが、美しい花が多く見られる道として知られるようになり、復活してハイキングロードとなった。

 アイヌ語地名が書いてあるがまだ検証不十分なものが多い点、お許し願いたい。

 幌満の東口から歩いた。バス停から幌満川を幌満橋で渡り、橋の西詰から海岸側に下りて橋をくぐり、幌満川の上流側に右岸を少し歩く。すぐ先に階段と入山ポストがある。階段はすぐに登り終わり、その先は沢沿いを登っていく。踏み跡はハッキリしないが、道の路盤が残っている箇所もあり、残っていなくても岩が滑りやすいと言うことはない。水量は少ない。沢沿いにはエゾオオサクラソウがたくさん咲いていたが、もう旬は過ぎていたようだ。登るに連れて周りの森が針葉樹の植林となり水が消えるかと言う頃、左に山へ入るしっかりとした道が現れる。


幌満トンネルから下りる
更に橋の下をくぐる

幌満川沿いへ下りる

入山ポストと階段

ピラウンナイ源頭間近

沢を離れる

 少し登ると峠に達し、その後は緩い台地の下りが続く。その後、急にジグザグの急な斜面に切りつけられた道(十七曲)となり、沢へ下降する。ルランベツの沢である。ルランベツは二股のすぐ上で渡渉するので二回渡渉することになる。西側(二回目)が少し泥崖でロープが張ってあるが大した高さはない。水も少なくごく浅い。その後、再びジグ(十曲)を切って台地に上がる。上がりきったところは本当に平らでルランベツ地区の家が少し見下ろせる。踏み跡が急坂(念仏坂?)を海岸へ下りているがロープが張られ、通行しないようにとされていた。少し道から離れて海岸側を見下ろしてみると幌満トンネルの西口や鵜の鳥岩、昆布を採る漁師の人々が見えた。この台地には土留めの網のアンカーがたくさん打たれていた。こんな小さなアンカーで崖のネットが留められていたのかと目の当たりにすると驚いてしまった。意外と崖のすぐ脇だ。でもきっと深く打ち込まれているのだろう。

 道沿いには時折電柱に取り付けられる絶縁用の碍子(ガイシ)が落ちている。木の電柱も見られるが、どういうわけか切り倒されている。


ルエランベツ渡渉点二回目

海岸西側

海岸東側と鵜の鳥岩

昆布を採る人々

アンカー

割られたガイシ

切り倒された電柱

 ルエランベツの展望から先はまっすぐで細く平らな尾根上を歩く。細尾根が広い尾根に吸収されると左にそれる。植林地も見られる。少し下りだすとまもなく看板があり、原田旅宿跡である。今は建物は何も残っていない。わずかに礎石と言われる石が散らばるのみ。またこの辺りの木々には木の名前を示す札が付けられている。礎石散らばるすぐ下にもチョロチョロとわずかな水が流れていたが、原田旅宿ではその1分ほど先の小沢で水を取っていたのだろうか。この沢はコマモナイと言われる。

 その後、すぐ尾根を乗っ越してジグを切って大きく下る。今度の沢はオオホナイ。アイヌ語では「深い沢」と言う意味になりそうだが特に問題のある渡渉ではない。明るくきれいな沢だ。深いのはもっと海側のことだったのだろうか。再びジグザグに登りきると木の間にアポイ岳が望める台地に上がる。昔はこの台地の上で合流するアポイ岳の登山道があったように地形図に書かれていたが今は何も感じない。少し進むと様似山道の中間点を示す標識がある。この先そのまま尾根上を下りると山中の集落に出るようであるがハッキリした様似山道を更に辿った。


原田旅宿跡礎石?

アポイ岳が見える

中間点の標識

 次に渡るはオイオイノ沢である。この沢もルエランベツ同様に二股のすぐ上で渡渉するようになっているので二回に分けて渡渉する。立派な看板が沢の両岸にあり、渡渉の概念図付である。オイオイノ沢とは変わった印象を受ける地名であるが江戸時代より伝わる地名である。ここではかなり海岸の国道から自動車の音が聞こえる。

 この先、少しぬかった部分を通過し、磯の香りするようになるとまもなく下降し、台地の上の昆布干し場の一角に下りる。ここは自動車も入るアスファルト舗装の地である。昆布干場に挟まれた直線のアスファルト道を過ぎ、T字路の川(ことに川)を渡り、再び昆布干し場の台地上に出るとその突き当りがコトニ小休所跡である。芝生の広場に看板がある。古代の遺跡もあるようだ。眺めの良いところで西側から歩いてきた旅人が東側の難所に備えて一休みしたのだと言う。


オイオイノ沢看板

昆布干し場へ下りてくる

昆布干し場

昆布干し場越しのアポイ岳

コトニ小休所から冬島を望む

エゾオオサクラソウの群落

 小休所から再び山道に入る。この辺りは林道や作業道も錯綜しているようで、本来の様似山道だったのか怪しさを感じてしまう。登り切ると草原の斜面を横断する。すぐ上では造材が行われていた。草原には蛇紋岩植物が少し見られた。その先、道には水が流れてすぐ横を新しく刈り分けて歩くようにしていた。周りは植林帯で雨裂も大きくちょっと雰囲気が悪い。海岸側からコンクリの法面が近付き谷の上に飛び出す。オソフケウシの谷である。かつて難読地名として「嘯牛」と書かれた事もある。この谷にジグを切って下りると砂防ダムがあり「様似山道西口」の大きな看板をつけたマンサードの廃屋の裏に出て海岸の国道に降り立つ。冬島のバス停までは歩いて15分ほどである。地図上ではここまでの途中で山の中を冬島の街中まで歩く点線が描かれている。この道も辿ってみたい気がする。


最後の山道

オソフケウシの廃屋
様似山道西口の目印
手前の橋は「押木橋」と
超略で当て字されて
名づけられている

★地名考

幌満
(上原)ポル・ヲマ・ペッ「洞窟・ある・川」
(松浦蝦夷1845)ホロマベツ
(松浦廻浦1856)ポロマンペツ
(野作)保呂満別(ホロマン)「ホロ」は大ナリ。「マン」イカニイヒキレルカ洋(ママ)ナラズ
(永田)ポロシュマベツ 大石川 後世「ポロマンペツ」ト云フハ非ナリ
(邑山)ポロオマンペシ「遠く海に突出した崖岬」
(山田)poru-oman-pet[(川を上り)洞穴に・行っている・川](松浦の伝承に従い上流に洞穴があり、そこが水源とする)
河口右岸の旧道の脇の崖には岩穴が複数ある。一つは確実に旧道のトンネルだが他のものは海食によるものと思われる。poru oma pet[洞穴・にある・川]で、海岸を往来する際、この意味ならランドマークとして見つけられそうだが、poruが場所名詞なのかどうかよく分からない。現地調査を旨としていた山田がこの洞穴を見なかったのかという疑問と、ホロマという音に即しない点が疑問として残る。山田説は、幌満川は上流で本流と同じ規模の大きな支流が何本も集まって一つとなる川で、上流の集水域は非常に広く、その中から一つの源流に洞窟を見出して川の名とすることは、不自然な気がする。最上徳内は寛政3年(1791)の探検で現在のルランベツ付近に「ボルと云所岩窟に蝦夷人野宿する処煙にて岩煤けて弐ケ所あり」とし、幌満川を「ボロマンベツ」と記している。松浦武四郎の蝦夷日誌の聞き書きにも洞窟(「ホルと云」)が書かれている。河口で見える海食の岩穴は野宿に使えそうになかったが他にも幾つか近隣にあったようである。洞窟へ行くのは川ではなくアイヌの人たちで、アイヌの人達は日高耶馬溪の迂回に主に山間部のニカンベツ川支流ルベシュペ川〜幌満川〜メナシシャマニ(現メナシエサマンベツ川)を用い、その中間地点である幌満川を下って海岸に出て洞窟で野宿することがあり、その洞窟に向かう川として、川を上るのではなく下ってporu o- oman pet[洞窟・そこに・行く・川]であったかと考えてみるが、o-が場所をとるので、poruが場所名詞なのかどうかが問題として残る。永田のポロシュマベツは幌満川が特に石が大きい川だとは感じなかったが、違う印象の音であるのが気になる。poru osma pet[洞窟・に行ってしまう・川]かと考えてみるが、osmaも場所をとるのでやはりporuが場所名詞なのかどうかが問題として残る。三つの違う音で全てporuを場所名詞と考えないと文法的に成り立たないようなので、poruは場所名詞なのか。

イオレウシヤ
(邑山)イ(そこは)ウリ(鵜の鳥)ウシュ(多い)ヤ(立岩)、鵜の群集している岩の意
「鵜の鳥岩」のアイヌ語の名だという。。或いは蝦夷草紙にある「ヲレウニ」は字の乱れた「ヲレウシ」か。幌満の項で述べたアイヌの人が野宿する洞窟がそばにあったと言うことで、イオレウシまではi- orewsi -i[それ・に泊まる・処]のような言葉ではなかったかと考えてみるが、最後のヤをどう考えればよいか分からない。邑山はヤを立岩としているが、アイヌ語辞典でヤを立岩としているのを見たことがない。和人に教えたアイヌの人は泊まる海岸ということで泊まる洞窟の辺りの海岸を〔i- orewsi -i〕 ya[それ・に泊まる・処・の岸(海岸)]と言ったのに、教えられた和人はその海岸の所で沖に聳えている鵜の鳥岩がイオレウシヤであると誤解して使っていたのではないかと考えてみる。或いはイオレウシまでがアイヌ語で、ヤは日本語の「岩(いわ)」の訛りであったかとも考えてみる。yaは地名アイヌ語小辞典で「陸岸」などとあるが、新しいアイヌ語辞典では岸の意味もある位置名詞とされているので先行する名詞句を考えた方が良さそうである。

ピラオンナィ
(邑山)Pira-Un-Nai「崖・ある・沢]崖沢(滝ともいえる急流)の急言
北海道仮製五万図では現在の様似山道のある沢筋に「ピラウンペッ」の名が振られている。この沢の別称かと思われる。解は邑山の通り、ピラウンナイpira un nay[崖・についている・川]だろうが、意味では歩いてみれば滝ともいえるほどの急流ではない。様似山道が幌満川畔から山間に入っていく地点で合流しており、様似山道はこの流れに沿う。幌満川右岸から急に立ち上がる日高耶馬溪の崖をなす山体(国道の幌満トンネルが貫いている岩)に「くっついている沢」としての命名のような気もするが、上の写真にあるように周囲に普通の山地があり、崖にピッタリくっついているわけではない。ピラオンナイについて、様似町史には「寛政11(1799)年大河内政寿が幕令によって様似山道を開通したときの東口で大切な道路の一部であった」とある。様似山道の最初の開通時は現在の北海道仮製五万図と同じ沢筋でなく、もう少し海側の念仏坂(=善兵衛返し)が様似山道の東口であった。念仏坂は浅い谷地形で崖に張り付いたような谷の中にある。ピラオンナイ/ピラウンペッの仮製五万図の記載は誤りで、これは念仏坂の谷筋のアイヌ語の名であったと考えたい。

ルランペッ
(現行)ルランベツ
(松浦廻浦)ルランヘツ・・上に沼有と云事也。如何やらん。(ワヤシの西)
(野作)留良牟別(ルラムベツ)「留」ハ道。「良牟」ハ下ルヲ云。道を下る川と云う也。(ワヤシの西)
(永田)ルエランベ・・阪 寛政年間諸子ノ日誌ニ念仏阪ト唱ヒ絶険ノ地ナリトアルハ是レナリ
(道庁20万図)・・・ルランベツ川の右股に振られる
(仮製5万図)・・・ルランベツ川の右股に振られる
(邑山)ルエランペツ゜ ル・・道、エ・・そこを、ラン・・下る、ペツ゜・・川、・・「坂にある川」の意
解は邑山の通りかと思われる。カタカナのルランベツの字のままで考えると文法的に成り立たない。ルランペッru e- ran pet[道・を用いて・くだる・川]。この「道」とは様似山道ではないだろう。松浦・野作と道庁20万図・仮製5万図が右股か左股かで食い違っている。問題はルがどこにあったかによると思われる。アポイ岳の由来をapa o -iと考えているので様似山道以前のapaへ向かう道のルであったと考える。念仏坂は谷元旦のスケッチを見ると、もっと幌満からすぐの所だったようである。ルランベツ川は様似山道横断部分しか見ていないが、地形図を見る限りではルランベツ川は上流において谷が浅くなっており道になると思われる。道庁20万図・仮製5万図の時代にはアポイ南稜越えは既に廃れていたであろうから、その当時のル=様似山道に沿った右股に名が移ってしまったもので、本来は左股であったと考える。

ワヤシ
(松浦廻浦)ワヤシ・・地名ワヤシは嶮敷事(けわしきこと)を云。(ルランベツの東)
(野作)和也志内(ワヤシ)「ワヤシヌナイ」なり。ワヤシヌは賢しと云義にて往年土夷の山道初て開きしとき此沢より往来せしと云ふ。賢沢と云如し。(ルランベツの東)
(道庁20万図)現在のルランベツ川(河口)に「ワヤシノナイ」と振られる。
(仮製5万図)・・ルランベツ川左股として振られる。
(邑山)ワヤシペツ゜ 小さき本流の意。ワヤ・・小、シ・・それ自身(本流)、ペウ(ママ)・・川。古文献を総合すると今のルランペツ゜をむかしはワヤシペツ゜と呼んだ。
明治以降、ルランベツ川のように書かれているが、江戸時代の説明からは念仏坂の別名・旧名ではないかと感じた。幌満側からいきなりルランベツ川に取り付くのでは様似山道の存在意義が半減されるので邑山の説は採れない。松浦武四郎のワヤシに現代アイヌ語の辞典から「険しい」の意味が見つけられない。wen sir[悪い・地]の音韻転化したウェシリが近いのではないかと思う。アイヌ語のワヤヌに賢いという意味はあるが、野作東部日記の説明は、「賢い」は人に対する形容なので俗説のような気がする。ワヤシは念仏坂西側の崖のアイヌ語の名で、ウェィシwen sir[悪い・地]と考えておきたい。

コマモナィ
(野作)古麻毛内(コマモ) 古麻毛ハ「コマム」ニテ木葉ヲイフ木葉沢ト云フ如シ此辺秋ノ末ニ至レハ木葉落積リテ歩行ヨロシカラヌ故ニシカ名ツケ云フトソ
(道庁20万図)コムハオナイ
(仮製5万図)コムハオナイ
(永田)コマモナイ 枯葉多キ沢 「コオナイ」の急言
(邑山)Kom-Ham-O-Naiの急語 コム・・・落つる、ハム・・・木の葉、オ・・・多い、ナイ・・・沢 落葉沢の意(滝)
kom-ham o nay[枯葉・ある・河谷]とされるが、枯葉などどこの沢にでもあるだろう。枯葉説は受け入れられないが対案は思いつかず保留としておきたい。

オホナィ
(松浦廻浦)オホンナイ 一名テシヽと云り。地名ヲホンは人言にてもそつとと云事也
(野作)烏保内 烏保は深と云う義。深沢と云う如し。いと高き山の谷間なり。
(永田)オオホナイ 深川
ooho nay[深い・谷]かと考えてみた。しかし、oohoは、深いは深いでも水の深さで谷の深さではないという8)。水の深さは無かった。廻浦日記の説明は日本語での咳払いの擬音語のことで、民間語源であろう。地形図で見ると源頭がルランベツのものと近い。ルランベツ川と同じ所(apa)で山越えして幌満川支流アポイ沢に出るが、下り用のルランベツとは別の登り用であるか、ルランベツとは別の時期に西側から名づけられたahun nay[入る・河谷]ではなかったかと考えてみるが、ahunが使われたと明確に言えそうな地名をahunrupar以外に知らないので保留としておきたい。別名というテシシについては、円館の滝で海に落ちているのでペスシpes us -i[水際の崖・につく・もの(川)]の転訛かと考えてみる。

ワッカサンペッ
(松浦廻浦)ワツカサンヘツ
(永田)ワカサンペッ 飲水落ル処 今ハ無シ
wakka e- san pet[水・そこに・下る・川]かと考えたが、永田の「今は無し」は気に掛かる。川なら水が下っていくのはある意味当たり前である。水とは関係ない地名の転訛だったのかも知れない。mak ko- san pet[後ろ・に向かって・浜手へ出る・川]の転訛で、右岸尾根上の道の裏手の方向に海へ下がっていく川である事を言ったのかも知れないと考えてみる。

イワオイ
(仮製5万図)オイオイの沢左岸尾根上に振る(ワッカサンベツは描かれていない)
(邑山)イワ・・・岩(和語でない)、オ・・・多くある、イ・・・ところ 岩の多いところの意、今の山中である。
オイオイの沢左岸尾根上を下ってきた様似山道が、オイオイの沢を二股の所で渡る道と山中に下りる道に分岐しているのが地形図に描かれている。道の分岐と言うことのru-aw o -i[道の股・にある・所]の転訛と考える。

オイオイ
(松浦廻浦)ヲヨイ 追々と云事也 昔はヲソフケシより此処まで山道にて、是より奥は是より浜え下りてホロマンヘツ・・・
(野作)烏与以(ヲヨイ)海岸ヘヲリタル山崎ナリ名義未詳
(永田)温泉ノ処
ヲヨベとも言ったようだ。日本語だとしても「追々」だけではどうするのか分からない。温泉は無い。蛇や熊を言忌みしてi-を用いるといわれることがあるが、文脈や慣用句によっては言忌みも成り立つのかも知れないが、言忌みしている余裕のない時にも用いられることがあるかも知れない地名において、そうそう言忌みが行われるのだろうかという気がする。アイヌ語のo- ru o -i[その尻・道・ある・もの(川)]の転訛と考える。r はy と音感の近似から相通が考えられる。この川の河口から嘯牛に道が始まっていたことを言ったと考える。オヨベという音は松前の及部と同じで、上原地名考にある及部のヲユウンベを採ってほぼ同義のo- ru un pe[その尻・道・ついている・もの]かと考えてみるが、ここはそう考えられそうでも、及部の方が川尻に道が付いていることを説明できない。

様似(サマニ)
様似の語源・由来は付け根に和人の拠点である会所の置かれたエンルム岬を指すサマニ(エサマニ)(e-) sama -n -i[(その頭・)そのそば・(位置名詞語根に接続して、その方向に移動することを表す自動詞を作る接尾辞)・する所]だったのではないかと考えている。様似川の本来の名は永田地名解にある「ラルンネペッ」で、二股がありメナシシャマニ(現在のメナシエサンベツは誤記であろうか)が幌満川を経てニカンベツ・幌泉方面への道で、シュシャマニが日高幌別川中流域、二股から下れば様似へ向かう、道の股を持つということの、ru-aw -nu pet[道の・股・がある・川]の転訛ではなかったかと考えてみる。

参考文献
1)邑山小四郎,様似町のアイヌ語地名,様似町史,様似町史編さん委員会,1992.
2)松浦武四郎,高倉新一郎,竹四郎廻浦日記 下,北海道出版企画センター,1977.
3)松浦武四郎,秋葉實,校訂 蝦夷日誌 第1編,北海道出版企画センター,1999.
4)永田方正,初版 北海道蝦夷語地名解,草風館,1984.
5)榊原_蔵,市川十郎,野作東部日記,1855-56.(北海道立図書館蔵原本北海道総務部行政資料室所蔵の複写本)
6)知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
7)北海道庁地理課,北海道実測切図「襟裳」図幅,北海道庁,1893.
8)陸地測量部,北海道仮製五万分一図「幌泉」図幅,陸地測量部,1896.
9)知里真志保,アイヌ語入門,北海道出版企画センター,2004.
10)最上徳内,須藤十郎,蝦夷草紙,MBC21,1994.
11)田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.



トップページへ

 資料室へ 
(2008年5月31日上梓 2017年6月14日URL変更)