昭和新山駐車場から

昭和新山(398m)

 壮瞥エコミュージアム友の会主催の登山学習会に参加して登った。第二次大戦中の生成から年月が経ち、山の温度が下がるにつれて山体が縮んで標高は400mを割ってしまった。乱開発から守るため昭和新山の観察を続けた三松正夫によって私有された私有地の特別天然記念物で有刺鉄線で囲われて立ち入りは禁止されている。


★登り


昭和新山の赤い正体
長流川の流れで堆積した粘土が焼かれ
レンガ状になったもの 赤いのは鉄分の色
白いのは石英分が析出している

登りの難場
西斜面はザレている
道は本来は無い

休憩地点より
北斜面にお立場のような草地がある
ハハコグサ

★亀岩


亀岩
昭和新山の表面は焼かれた粘土に覆われた
部分が多いが、ところどころ溶岩が露出している

亀岩
亀のような形だ かつてはもっと熱く
熱で割れ目が赤く光っていたと言う

調理スチーム
亀岩の脇で持参した食材を温めてもらえた
三松正夫もこうして使ったそうな

亀岩から壮瞥町を望む
手前に見えるのは屋根山の台地
この地下にも潜在ドームがある
亀岩付近 104℃でした

★最後の登り


亀岩から最後の登りは急だ
溶岩部分も増える気がする
苔が多い

最後の登り 赤い斜面
鹿の糞が落ちていたりする
冬は暖かいので集まるらしい

山頂の様子

山頂から駐車場を見下ろす

有珠山ももちろん見える もやっていた

★下山

亀岩からの下り
東斜面 ちょっと怪しい地形

グレン谷から見上げる
この辺りは焼かれた粘土がずり落ちてしまったそうな
大きく溶岩が露出している
衝上の擦痕も見える

グレン谷から見上げる
グレン谷は昭和新山が出来る前は小沢だったそうな
粘土に覆われて冷えれば小有珠と違い
溶岩は酸化されず赤くならない
後山潜在ドームの
上を登る
草も木も生えているが
湯気も上がっている
後山潜在ドームを下り
出発地に戻る
この岩の上にはかつて
サンゴ岩と呼ばれる
岩があったが
サンゴ岩はもう
崩れてしまったそうだ



トップページへ

 資料室へ 
(2008年6月4日上梓)