地図山名考

オクロク・熊見山

 オクロクの名は日高山脈北部の熊見山の北西の1327.8mの、ペケレベツ二の沢の水源にあたる三角点「熊見山」のある山の名だとマウンテックの大橋政樹氏が言っていたと聞いたが、私自身は又聞きということになる。

 まず、オクロクについて考える。

 ペケレベツ二の沢のアイヌ語の名がok mak[うなじ・の後ろ]で、その訛ったのがオクロクで、ペケレベツ二の沢の源頭の山であることを沢の名で呼んだと考える。okはペケレベツ二の沢下流左岸の出尾根の付け根の鞍部のことと考える。ペケレベツ二の沢の流れ方はこの鞍部の所で東向きから西向きにUターンする、日高山脈東側の川にしては珍しい流れ方である。

 次に、熊見山について考える。

 熊見山の「くまみ」も、このペケレベツ二の沢が十勝平野の緩斜面から一段低く細長い出尾根の後ろの山間の隙間に入りこんでいることを言った、「くま(隈)・め(目)」で、熊見山の名もペケレベツ二の沢の源頭にある山と言うことだったのが、そのすぐ横で十勝平野側に寄って里から指呼しやすい今の熊見山の位置に移動していると言うことでなかったか。

参考文献
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
楠原佑介・溝手理太郎,地名用語語源辞典,東京堂出版,1983.



トップページへ

 資料室へ 

 山名考へ 
(2021年2月7日上梓)