1019m(八谷)惣芦別岳から見た幾春別岳

幾春別岳(1068m)幾春別川左股沢

 南北に四つの山列が連なる夕張山地の一番西側の列で最も高い山。西側の列になるに従って険しさや高さを減じて、なるい山頂になるので、幾春別岳もなるい。東を望むと、ちょうど3列目が切れているので2列目や主列の山々がよく見えるはず・・・と思って登ったが霞が濃くて展望は得られなかった。かつて桂沢湖から長大な尾根伝いの登山道が存在したが、クマの目撃が相次ぎ廃道化していったという。その長さは現在道内で最も長いと言われる登山道の一つであるペテガリ岳の東尾根コースには及ばないものの、やはり長いと言われるペテガリ岳西尾根コースの2倍はあり、アップダウンは少ないとは言え長過ぎて無理があったのではないかと思う。周囲に林道が巡り、展望も悪くないので、短く登山道を復活させれば、それなりの入山者は見込めると思われるのだが、今でもクマとの摩擦の多い地域であるのでそれもないのか。

 今回辿った幾春別川左股沢には「沢コース」と言う名で昭和37(1962)年に国体登山競技の道予選までに登山コースが開かれたと言う1)が、コースの痕跡は無かった。その頃のインターハイ地区予選でも使われたと言う。

 桂沢湖から幾春別岳・シューパロ岳を経て芦別岳までの縦走路というものが存在した1)時期もあったという。シューパロ岳の岩稜通過がどうなっていたのか、コースがあった頃に歩いてみたかった。


 地形図上では林道は標高400mあたりで終わりで、古い「北海道の山と谷」2)では標高340m付近の「左股橋」から入渓する、と書かれていたが、現在は林道は標高490mあたりまで伸びていて、入渓点付近で土場で終点となり、その先にわずかにもう修復されていない古い作業道を辿って沢に入る。作業道は沢を渡って更に延びているが、渡った先は草がボーボーに茂っている。渡る前までは雨裂で大きく崩壊したりしているが、ヤブ漕ぎではない。

 登りは古い本に従って左股橋から入渓してしまった。林道で通過した場合の倍以上の時間が掛かって途中に面白いことはなく、くたびれもうけであった。帰りの林道上にはクマの糞が多く見られた。また、林道沿いですぐに水の汲めるような所はない。以下文字の色を茶色に変更している部分の二段落に左股橋から入渓点までの沢の状況を記す。

 左股沢は非常に勾配の緩い川で、時々見られる土嚢の残骸のブルーシートの切れ端以外には、原始の印象そのままの蛇行を繰り返し、平らな河原ばかりで難所は全くないが非常に時間が掛かる。左股橋から本当の林道終点の入渓点まで2時間掛かった。勾配が緩すぎて水も少ないので自然河川の中なのに水が腐ったような臭いがした。夕張山地によくある細かい泥がナメの瀞場に積もり滑りやすく、遊びで瀞場に足を踏み入れたら滑って転んで、臭い水で水浸しになった。泥さえ積もっていなければ岩とフェルト底との相性は良い。

 小さなナメ床が連続する。 ほとんどの石が勝手に崩れていく真っ黒な黒色泥岩で、河原の石が悉く細かい礫となって崩れた小山を為しているのは三途の川の未来を見るようで諸行無常を感じる。また、積もっていた細かい泥はこのあたりが地すべりを起こしやすいことによるという。このあたりを構成する上部蝦夷層群が凝灰岩薄層を多く含み、これが変質しやすく変質すると膨潤性があり、難透水層となって摩擦抵抗が小さくなるのだという3)。数年前、下見に来た際は左股沢は降雨後でもないのに水は茶色く濁っていた。桂沢湖の水が年中濁っているのも地すべりで細かい泥が今でも周囲の川から供給されているから3)だと言う。

 490mの入渓点、現在の林道終点から上ではさすがに水温も低く、臭いもしなかった。

 岩は真っ黒な泥岩一種類から、日高の山のような花崗岩質の岩やレンガ様のもの、白いもの、礫岩などいろいろ現れるようになる。泥岩に取り込まれた小石なども顔を出している。リップルマークと呼ばれる波模様の化石のようなものを見た気がするが勘違いかもしれない。

 白亜の滝までの途中、左からの支流には「白亜沢」と名前が付いているが、岩が白いとかそういうことはない小さな草ボーボーの小沢であった。

幾春別岳山頂付近の地図 古いガイドブックにある4段8mの「白亜の滝」は滝とは言えないような気がした。本によっては5段10m4)と書いている。岩は何も白くないし、下から見ても周りにボーボーと茂る草に隠されて全体が見えない。写真を撮る気にもならなかった。白亜の滝は標高580mの、三角点山頂(幾春別岳南峰)に南西面から上がる支流「フキの沢(ワキの沢3)としている本もある)」の出合のすぐ上で、フキの沢に掛かる滝であったが資料3)によっては白亜沢を分ける奥二股から10分、フキ沢ガレ沢分岐まで30分の位置としている1)ものもある。どうもよく分からない。右の地図に古い本の概念図や記述を頼りに地名を入れてみたが、全くの見当違いかもしれないことをお断りしておく。

 奥二股には長い沢歩きの中で一箇所だけ、沢の真ん中に木が立っており、「青年の樹」と称して4,5張りのテントを張れる幕営適地だったと言う1)

 水を飲もうと沢の中の石を見るとボウフラがウジャウジャと張り付いていた。この沢はボウフラの他、川虫もすごく多かったので、魚の生育には良さそうに感じたが魚は全くいなかった。ボウフラや川虫は、わずかづつ沢の流れで下っていく。ボウフラや川虫の大人である蚊やカゲロウは源頭を目指してついてくる。蚊やカゲロウも鮭と同じなのだと思った。

 幾春別岳本峰と南峰の間に突き上げる本流は白亜の滝の手前の出合から左に入り、最後までガレ沢で、ヤチブキを押し分けて登っていく。その名もガレ沢というらしい。水が切れて標高850mあたりには大規模に冷気が出て、靄がかかっているところがあった。足袋を通しても地面が冷たいのが分かった。永久凍土でもあったのだろうか。

 最後のヤブ漕ぎは約1時間。はじめのうちは沢地形でネマガリタケの下をくぐって行けるが山頂に近付くにつれて傾斜が厳しくなる。1068m本峰山頂の南西の稜を目指すと少し楽かも知れない。スパイク足袋必携である。


本峰から見た南峰

 山頂は潅木林とネマガリタケの混合状態で胸の高さまでヤブで覆われて広いので、それほどいっぺんには見渡せないが、目的に応じて移動すればそれなりの景色が見れそうだ。今回は頭上、西方は晴れていたけど芦別岳方面は全く雲の中。せめてシューパロ岳の恐竜の背だけでも見たかったのだがダメだった。見えたのはだだっ広い幾春別川流域のみだった。座れるような場所もなかった。

 アツモリソウがあるという噂もあったが、左股沢にはなかった。ラン類の葉のようで目立っていたのはギョウジャニンニクばかりだった。当初は三角点の南峰も行ってこようかと考えていたけれど、5時間半の片道に参ってやめることにした。

 帰りの林道でキツネが鳴くのを初めて聞いた。 「ウェヘハー」と人間が言うような声だった。追いかけてみると大人のキツネはおらず子狐だけがいた。 親ギツネが子ギツネに注意を促していたのかもしれない。


(2005年10月29日補記)

 白亜の滝は「写真を撮る気にもならない」などと書いてしまったが、やはり写真がないのが気になっていた。後に行かれたK氏に写真をいただいた。でもこんな滝だったけかな?もう少し滝らしかったような・・・。もしかしたら昔の幾春別岳は最高点ではなく三角点の位置とされていたのかもしれないと古い資料を読み返して思う。出来ればもう一度このコースを辿って白亜の滝やガレ沢の名の元になったガレ場や「青年の樹」などを確認してみたい。


白亜の滝?

参考文献
1)梅木和朗,幾春別岳―芦別岳縦走コース,pp43-46,28,北海道の山と旅,北海道出版,1965.
2)大内倫文・堀井克之,改訂版 北海道の山と谷,北海道撮影社,1981.
3)岩見沢地学懇話会,空知の自然を歩く,北海道大学図書刊行会,1986.
4)村本輝夫 他,カラー 北海道 山のガイド,北海道撮影社,1970.



トップページへ

 資料室へ 
(2004年7月2日上梓 2012年4月22日改訂)