桂月岳・北鎮岳 白水沢
wakka peker pet
[その水・明るくある・沢]

 大雪山に上がる初級者向きの沢。少ないけれど立派な滝と、大規模な源頭、地形図から一時は消されていた野天温泉がある。白水沢のアイヌ名はワッカペケレベッだと思う。沢全体は白っぽいが、岩はどちらかと言うと赤くなっている。


 層雲峡発電所の前が高山バス停である。国道を5分ほど上流に歩くと覆道の途中から白いと言うよりは赤い白水沢の出合が見え、覆道を出てすぐ先に白水橋がある。この橋を渡る。橋の真ん中に車止めゲートがある。林道は950mの最終堰堤間近まできれいで歩きやすい。

 標高900mで左岸から林道脇に落ちる沢に「メロンの滝」がある。先に見ていた写真では丸っこい滝形状と合わせて、その鉱泉成分の沈着した岩の色がメロンの赤肉のようで如何にも「メロンの滝」だったが、滝の脇の表面に藻類が付いたのか黒っぽくなっている印象を受けた。

 メロンの滝の先で林道は荒れ始め、5分も行かないうちに最終堰堤で路盤は朽ち果てる。落石が散乱して樹木が育っている。最終堰堤は非常に大きいが道の跡で越えられる。堰堤の上からすぐ渡渉が必要になる。道の痕跡は水蒸気井まであるが、草も茂りあちこち崩れて踏み跡としては弱いものだ。

 水は白く濁り、岩には赤白く鉱泉成分が沈着している。鉱泉成分の為、全く苔が生えていない。水は冷たいが酸い味がする。

 標高1020m付近の右岸の水流傍に無色の温泉がコトコトと湧き、小さな湯溜りがあって真っ黒だった。湯は無色だが湯垢が黒い。温度は手を入れてみると、やや風呂としては熱いくらい。湯溜りは浅く小さく身を沈めることは出来ないが、「秘湯マニア」と呼ばれるような人ならスコップを持参して自分で浴槽を掘り、沢の水を引き入れて入浴してしまいそうな雰囲気だ。飲用の水は枝沢から採れる。


白い沢

黒い温泉(浸かれそう)

激しい湧き口もある

 これより上にも地熱地帯が続く。1060m付近には道跡の路盤上でも地熱を感じるテントを晩秋に張っても寒くなさそうな場所や、グツグツと煮立つ鍋程度の小さな湧出口もある。しかし野天温泉としては湯量は1020m辺りの湧出口だけが使用に耐える雰囲気だ。気が付くと石焼芋屋の笛のようなピーッという音が谷全体に響いている。沢音に紛れてなかなか気が付かなかった。沢の正面、上川岳の前に白い蒸気の柱が立っていたが風向きによっては消える。


上川岳方面の水蒸気の柱

吹き上がる水蒸気

 これは水蒸気井の跡である。昭和30年代に層雲峡温泉街の発展を見越し、予想された湯量不足を補うため調査されたものの、湯としては安定性に問題があることから昭和40年代に地熱開発に目的を変更し掘られた過熱水蒸気調査井である。液体成分をほとんど含まない良質な過熱蒸気で発電・浴用温泉・農畜産業用熱源として期待されたが、位置が国立公園の自然公園特別地域に指定されていることから開発が事実上不可能で放置されているらしい。しかし北海道庁や上川町はまだ諦めていないようだ。

 白い蒸気と音の源を右手に回りこんで真横になったあたりにわりとよく残っている昔の車道がイタドリに覆われてあり、それを辿るとネマガリタケに囲まれた施設跡である。容易に近づくことが出来る。間近に立つとすごい音で、離れてもしばらくは耳がおかしかった。水蒸気井は2本あった。そのうちの1本から大量に水蒸気が漏れ、大きな音と白い蒸気を立てていた。もう1本は煮立った温泉に浸かっている。脇にはプレハブの小屋があった。中にはパイプ椅子や検査用品のようなものが残っていた。蒸気の柱に風下になるらしい北側の木々は葉がすっかり落ちて枯れていた。水蒸気井が痛んで水蒸気が漏れ始めてから枯れたものか。


水蒸気井1

水蒸気井2

プレハブの中

 水蒸気井の上でもまだ鉱泉の影響が水や岩に表れている。湯気の上がる露頭も沢沿いにある。1130m左岸の沢が黄色が濃く、これより上流では岩への沈着は見られなり、岩には苔が付くようになるが、水はまだ少し酸い味が残っている。

 この先、小滝がいくつか続くが直登出来ない。巻くのは容易だ。沢のすぐ脇まで樹林で覆われた渓相でスピーディな遡行にはならない。1240mで左岸から合流する小沢は水がぬるく、谷の上方30mに灰色の温泉華ドームのようなものが見えた(補記2007/11/18 やはりこの上に湯壷が在ったらしい。 これより上では本流の水から酸い味が完全に消える。テントの残骸と破れたマットが石にまみれて沢の中に落ちていた。いったい何があったのだろうか・・・。


川岸に湯気が上がる

水が透明になる

苔生した小滝

 そのあたりから谷が明るくなり、周囲の枝沢に滝が現れ渓谷遡行の雰囲気となり、1300mで本流に30mの大滝が現れる。美麗で豪壮な滝だ。右岸の小沢を少し登り、湿地状斜面をトラバースして簡単に巻くことが出来る。


大滝は左から巻く

大滝の上の滝

源頭 後方

 この後は源頭の雰囲気となる。谷が広がり簡単に登れて楽しい小滝がしばらく続くが、そのうちゴーロとなる。周囲は緑のきれいな草付きで、9月であったが高山植物が多く咲いていた。後方には北大雪の山々が美しく望める。1800mで傾斜がほとんどなくなりハイマツの溝を流れる堀のようになる。意外と深みがあったりするが深くても腰程度だ。しかし水はすごく冷たい。見通せるようになった桂月岳や凌雲岳が美しい。


源頭

あそこを越えれば大雪山

 ハイマツが消え、岩礫と草原の中のせせらぎとなるとまもなく石室出合。ここの沢中は一面苔で覆われていた。越年雪も残っていた。このまま本流を辿るとせせらぎの中を北鎮岳の肩でお鉢登山道に出る。左の石室へ上がる谷は水流がない。石室に近いだけにゴミはいろいろある。少し進むと立派な踏み跡が出現し、そのまま黒岳石室のテント用スペースにつながっている。


凌雲岳

石室出合


★川名考

 白水沢のアイヌ名をワッカペケペッwakka peker petと伝える資料は永田方正の「北海道蝦夷語地名解」(明治24年)、輯製20万図(陸地測量部・明治24年頃)と道庁20万図(北海道実測切図・明治31年)があるが、江戸時代の資料ではこの名は現れていないようだ。道庁20万図ではやや下流の現在の「白川」にもワカペケレペッと振られている。ワカペケペッの次の記載はシュマフレーベッsuma hure pet[その石・赤くある・川]で、これは後述の研究では現行の赤石沢(層雲峡の上手のお鉢平から下る沢)とされ、その当てられた漢字もアイヌ語の意味を伝えているが、白水沢の石も鉱泉成分沈着で赤いと言えないこともないような気がするのが気に掛かる。温泉成分も、赤石沢はお鉢の有毒温泉を源流とするので含まれていないわけではない。

 上川町史(1966)では明治42年のマクンベツ殖民区画図を引き、ワッカペケレベッを下流の白川としている。殖民区画図の原典は道庁20万図ではなかろうか。尾崎(2002)は白川に言及しながらも白水沢をワッカペケレベッとしている。由良(2004)は白川とのみ言及している。ただ、由良(2004)は白川の水が濁っている(もしくはpekerに見える)のか濁っていないのか、自ら検証したわけでないような書き方が気に掛かる。

 pekerを辞書で引くと知里真志保地名アイヌ語小辞典では「白い;清い;明るい。」とある。しかし白水沢の水は川底は見通せるが「清い」とは言いがたい。また、白いだけならretar、濁っているならnupkiと言う単語もあり、使い分けが自分には分からない。萱野茂のアイヌ語辞典では「澄む、明るい、清い、清らか」とある。白水沢の場合、水の白さより、岩に明るい色の成分が沈着することで川底まで見通せる水の状況を「明るい」と表現したのでないかと思う。温泉より上流域の白水沢は岩が黒くて川底を見通せる感じがしない。これは普通の沢と同じである。温泉より下の水そのものは深ければ白濁しているように見えるが、手に掬ってみれば白く濁っているわけではなく普通の水に見える。直感的には岩を含めてしまい白っぽく見えてその通りなのだが、微妙に「白水沢」という名は実際を表していない。白水沢を「白濁」と強調するのはやや問題があるような気がする。

永田(1891):ワカ ペケレ ペッ 白水川 温泉ノタメニ濁リテ?(お米のとぎ汁)ノ如シ
輯製20万図:ワツカベケレベ 現行の白水沢の位置
道庁20万図:ワカペケレペッ 現行の白水沢と白川の位置
尾崎(2002)wakka-peker-pet 温泉によって沢水が白く濁ることからこう呼ばれたのであろう。源流は遠く「凌雲岳(2125m)」の南側(雲の平)をまく沢である。この沢に入ると硫黄の臭いがして、現在地熱開発の井戸があるという。明治の地図にはこの下流にある「白川」にも全く同じ名(ワカペケレペッ)が付けられている。
由良(2004)wakka-peker-pet 水元は愛別岳、永山岳。温泉から流れる水が白く濁っていたのだろうか。
私見(2007):[その水・明るくある・沢]

今後の課題
白川の水もpekerかどうか見る。赤石沢の石が白水沢より赤いか比較する。

参考文献
「北海道の山と谷」再刊委員会,北海道の山と谷 下巻,北海道撮影社,1999.
永田方正,北海道蝦夷語地名解,北海道庁,1891.
北海道庁地理課,北海道実測切図「上川」図幅,北海道庁,1896.
都竹一衛・青野績,上川町史,上川町,1966.
幕末・明治日本国勢地図 -輯製20万分1図集成-,柏書房,1983.
都竹一衛・中条良作・松下敏雄,上川町史 第2巻,上川町,1984.
尾崎功,アイヌ語地名地誌 -上川盆地の川と山-,尾崎功,2002.
由良勇,上川郡内石狩川本支流アイヌ語地名,北海道出版企画センター,2004.



トップページへ

 資料室へ 
(2007年9月26日上梓 27日写真と地図挿入 29日川名考追加)