ニペソツ山から見た
「おっぱい山」

ピリベツ岳(1602m)

 東大雪の象徴(?)おっぱい山の片割れ。西クマネシリ岳とともに「おっぱい山」を為す。麓から眺めると愛称の通りと思うがニペソツ山などから見ると、尖り過ぎているような気がする。展望は西クマネシリ岳の方が良い。


ぴりべつだけのちず 西クマネシリ岳山頂の少し手前から分岐して縦走する。西クマネシリ登山道に付いては「夏山ガイド3巻」などを参照。

 西クマネシリ岳からピリベツ岳方面に下っていく所に踏み跡があり、ピンクテープがいくつか見えている。鞍部までは滑りやすい泥斜面だ。鞍部から登山口の方の谷を見下ろすとヤブが殆ど無く、こちらから直接登ってきても良さげな気がする。

 鞍部から先はアップダウンが意外にあり、草原状に草が生えていて、一部不明瞭な部分もあるが、稜線伝いに行けば間違いなかろう。


この山
国道から

 最後に段になった丘を登ると山頂だ。一帯は草原だが周りに高い木があり遠望は望めるものの木の間越しである。西クマネシリ岳だけでは物足りないという向きは是非。登り返しが多いので結構疲れた。


★山名考

 美里別川の水源の山の意と思われる。美里別では「びりべつ」で濁点、山の名は「ぴりべつ」で半濁点だが、美里別川もピリベツ岳もアイヌ語由来の地名であり、アイヌ語ではp とb を区別しないのでどちらも正当である。

 アイヌ語のピリベツという音はpar o pet[口・にある・川]の転訛ではなかったかと考えている。美里別川は、落ち口で本流である利別川の対岸に渡って、現在の道路なら国道274号線の本別大坂、川を道としていた時代でもその辺りの小沢を少し登ったら、浦幌川筋の平野に出る。ホンベツコタンの後身の本別町の市街地が口そのものである。

 松浦武四郎は安政5年に美里別川を「ヒリヘツ」とし、「本名はヒリカベツの転じ訛りしなり」としている。ピリベツと呼ばれながらピリカベツのように呼ばれた記憶もあったということなのだろう。par o petとほぼ同義のpar -ke o pet[口・の所・にある・川]の転訛であったと思われる。ピリカがpirka[良い]だったとすると、なぜピリベツと呼ばれるのかに説明が付かない。何が良いのかも分からない。

 永田地名解は「ピリ ペ 美水 『ピリカアンベ』ノ略語ナリトアイヌ云フ然レドモ石狩アイヌノ詞ヲ以テ解スレバ渦流ノ水ト云フ義ニシテ鮭鱒ノ集ル好漁場ナリ」とするが、ピリカアンベがピリペにまで略されるのは、札幌駅がサツエキになるより略し過ぎだろう。par -ke e- an pe[口・の所・そこに・ある・もの(川)]とも呼ばれたことがあり、それの訛ったものがピリカアンベであって、par o pe[口・にある・もの(川)]とも呼ばれたのがピリペに訛ったと言うことではなかったか。勾配が緩く、水力発電で取水される前であっても利別川よりは小さくて、利別川本流とは見なされなかった美里別川で渦巻きが発生していたとは思えない。

 本別町の名の元になったホンベツもparに関係した地名ではなかったかと考える。山田秀三(1984)は「ポン・ペッ(pon-pet 小さい・川)の意。相当な川であるが、対岸の美里別川などと比較して小さい川と呼んだものか。」としているが、相当な川をpon petと呼ぶのはやはり苦しいのではないか。パンヌペッpar -nu pet[口・を持つ・川]の転訛がポンペッではなかったかと考えてみる。

参考文献
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 下,北海道出版企画センター,1985.
永田方正,初版 北海道蝦夷語地名解,草風館,1984.
山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.
田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.
知里真志保,アイヌ語入門,北海道出版企画センター,2004.



トップページへ

 資料室へ 
(2003年11月23日上梓 2017年5月6日山名考追加)