石狩岳(1967m)石狩沢

 石狩岳に至る登山道は3本あるが、いずれも急登で最終水場から先も長く上級者向きだという。石狩沢は石狩川の源流であるが、その流れは非常にやさしく、水流もかなり上まであり、標高差はどの登山道より少ない。熊の気配があり自然度は濃厚だった。


 入渓点から坦々とした沢の中を歩く。作業道跡等は河原になく、流れのすぐ脇は高茎植物のブッシュである。熊のフンが結構落ちている。標高1350m付近で両岸が高く切り立って沢幅が狭まってくるが、滝や函になったりはしない。

 1500m二股では左の石狩岳直登沢が滝となって合流している。水量は左右同じ位ぐらいだが、谷が開けて明るい右が本流の雰囲気である。

 ヴァリエーションを求める向きは左に入ると良いという(右図赤点線)。四段程度の登り応えのある水流のきつい滝が連続している。少し入ってみた。一番上は放物線を描いており、右からロッククライミングで越えるらしい。その上は何もなくヤブもなく石狩岳山頂まで行けるらしい。私は一番上の高巻きをあきらめて、右の雰囲気本流から登ることにした。

 右は小石狩岳の支稜のスカイラインが既に見えている。何もないガレ沢を詰めて1740mの二股は左に入る。雑木のトンネルのようになるが標高1800m以上まで細い水流が続いているのは驚きである。上がりきった稜線は1900mを下回っているので石狩岳の非常時の水場として有用かもしれない。

 最後は雑木もなくなり、急な砂礫斜面とカーペット植物のパッチを登っていく。ここのコマクサの量は圧巻だ。踏まないように行くのは不可能なくらい多い。縦走路を登山靴で歩いているだけでは知り得ない石狩岳の秘密の花園であった。稜線に出たら、山頂はすぐである。

 「とっておき北海道の山」掲載の石狩沢は左の石狩岳直登沢を紹介し、下りには「登攀用具必携」とあるが、本頁の小石狩岳との鞍部に上がる沢では下りでも登攀用具は必要ない。

 沼ノ原に至る縦走路を下って、最低鞍部からペテトク沢に下りて入渓点に戻った。根曲がり廊下の一角であるが稜線を外れると、すぐネマガリタケのヤブはなくなった。ペテトク沢下流部は河原がなく両岸は湿地が多く歩きにくいものの、河床は平らなせせらぎなので川の中は歩き易かった。ペテトク沢上流部も興味が持たれる。

参考文献
三和裕佶,とっておき北海道の山,東京新聞出版局,1995.



トップページへ

 資料室へ 
(2002年7月12日上梓)