狭薄山位置の地図
狭薄山 (1296.1m)
さうすやま

 札幌近郊の数少ない縦走路である空沼岳-札幌岳の稜線のすぐ横にある道のない山。夏は豊平峡の奥の蝦蟇沢から登られるそうだが、アプローチと下山後が面倒なのでまだ行ったことがない。残雪期は比較的簡単に登れる。


稜線付近の地図(Aルート)空沼岳の登山口から登る場合、真簾沼を突っ切って右の地図の「雪洞適地」の矢印の所へ出るのが早い。低い雪堤が段になっていて、マコトに雪洞適地である。

 ジャンクションピークであるひょうたん池の台地には上がらないで、雪洞適地の鞍部を突っ切った方が早い。次のコブは北側が広くて巻きやすい。その次のピークも南面で巻きたいところだが、雪付きが悪くて巻けなかった。

 最後のコブと本峰は斜面が急になってくるので巻くのも慎重に。稜線の東側には巨大な雪庇が発達していた。本峰へは西側から回り込むように登るが北西面であることもあって雪面がかなり硬かった。山頂からの展望は良い。空沼岳は知名度ほどは見栄えがしないと思った。札幌岳は札幌市街地から見るより遥かに立派である。

(Bルート)札幌岳豊滝登山口からのアプローチも考えられる(もちろん冷水小屋から登ってきても構わない)。ゲートから山道に入るまで3q以上あって、雪がズポズポだと登る前に萎えてしまうかもしれない。沢が狭まってきたら雪崩注意。もしかしたら残雪期でも好ましくないルートなのかもしれない。残雪が十分なら登山道より盤の沢沿いの標高500mあたりから東の尾根に登った方が良いかもしれない。稜線直下はすごく急な雪の斜面になっていて、自分だったら登れなかったかもしれない(下りで利用した経験のみ)。

 夏道縦走路では半分巻いてしまう稜線上のコブは急斜面で巻きづらい。私は結局上まで登った。

 地図上Bルート始点の鞍部から沢に下るが、ゴールデンウィークなら積雪十分で、問題なく蝦蟇沢を渡れそうな気がする。しかし、私が渡渉した地点より上流では水面が開いている箇所があるのが見えた。

 登る小尾根は取り付きが急だが、ヤブもなく幅も適度で気持ちの良い坂だ。ここの木で子リスを見かけた。


「雪洞適地」の鞍部付近
から見た狭薄山

狭薄山付近から見た
札幌岳


トップページへ

 資料室へ 
(2004年11月1日初版紛失に付き書き直し上梓)