山名考

化雲岳
かうんだけ


クワウンナイ川
落ち口付近の地図

 クワウンナイ川の名に基づく山名と思われる。化雲岳はクワウンナイ川の源頭にある。

 永田地名解(1891)は「Kuwa un nai クワ ウン ナイ 杖川」とし、「険阻ニシテ杖ニ依ラザレバ行ク能ハズ」とあるが、アイヌ語のkuwa un nayを日本語に訳しても「杖を要する川」という意味にならない。忠別川本流は、天人峡より上流で大二股付近までは杖に依っても通行できないほど険阻だが、クワウンナイ川は険阻ではなく、平水なら杖も要らない歩き易い沢である。旭川市史(1960)は「Kuwa-un-nai 『狩杖・入る・沢』 狩人の入る沢の義」とするが、狩杖は狩人ではなく、狩猟採集民であったアイヌの人々の少なくとも男性の殆どは狩人であったのではなかったのか。奥地故にアイヌの女性が入ることが稀であったとしても、そのことで「狩杖/狩人の入る沢」などとは名づけないだろう。

 クワウンナイ川は安政4年の松浦武四郎の手控・日誌に聞き書きでクワウナイとある。「クワ」は旧仮名遣いの「カ」であるとしているものも見た気がするが、永田方正のローマ字表記と、カで始まるアイヌ語は物名地名人名等沢山記したがクワで始まるアイヌ語を稀にしか記していない松浦武四郎の記録を合わせて考えると、現代仮名遣いでのクワの音もあったと考えるべきであろう。語学に通じていた永田方正も、僧経験のある松浦武四郎も、クヮ行音が外来語の漢語由来で本来の日本語に無い音であり、カ行音と聞こえたアイヌ語をクヮ行で書くことが適当でないとは分かっていたように思われる。アイヌ語ではk で終わる閉音節にワ行音が続けばクヮといった音は発生しうる。


大曲川
落ち口付近の地図

 クワウンナイは地元でカーウンナイのように呼んでいたとも言い、山田秀三(1984)が「『わな・が・ある・沢』となるが」と解釈しているが、「わな」は人工物で手入れしなければ用を為さなくなるものであって、「ある」のが自明のものではない。わなを「仕掛けることを・いつもする」ようにいうのではないだろうか。永田地名解と山田地名考にあるカーナイ(叶)と光珠内の、わな等の解釈も疑わしいように思われる。わながあるから注意するように名づけたといった説もどこかで読んだ気がするが、クワウンナイ川のような大支流にワナを仕掛ける前に名が無く、仕掛けるようになってから名を変えたとは考えにくい気がする。

 iki aun nay[その関節・入り込んでいる・河谷]の転訛で、クワウンナイ川が忠別川の二股から少し(450mほど)入った所でほぼ90度関節のように曲り、川の二股の内側(忠別川側)の方に入り込んでいることを言ったものでは無かったかと考える。この特徴は忠別川沿いの道路からも分かる。狭い語頭の母音であるi が落ち、同種子音が連続して一つのn が落ち、i とa の母音の連続の間に挿入音w が入ったキワウナィが更に訛ってクワウナイとなったと考える。片方のn が落ちなかったか、永田方正に伝えたアイヌ古老が元の音だと敢えて発音したのがクワウンナイと考える。ウは声門破裂音等ではっきりと発音される。また、伝える流れによっては挿入音w が入らず母音の重出が嫌われてi が追い出されてカウンナィともなったと考える。

 ikの所属形は地名アイヌ語小辞典でikiとされているが、クワウナイやクワウンナイの音からikuの形もあったのではないかと考えてみる。

 野津幌川支流に永田地名解はカウンナイを挙げている。当時の地図に記載が無く比定が難しいが、松浦武四郎の日誌にあるカウナイを、日誌での順序などから榊原正文(2002)はカウンナイとして野津幌川支流立花川と比定している。だが、フィールドノートである松浦武四郎の手控を見ると、野津幌川筋については日誌そのものに(恐らく手控にも)不確かな面があるようにも思われる。立花川には関節のようなところが見当たらない。立花川の一本下手の支流の大曲川は500mほど入った所で45度ほど内側に曲がっているのが地形図上で確認できるが、45度というのはクワウンナイの90度に比べると特徴として弱いように思われる。

 鵡川筋のカーナイ(叶)も関節のようなところが見当たらない。野津幌川支流であったカウナイ/カウンナイと共にクワウンナイとは別の語源があったのではないかと思うが、思いつかない。


三郷川の地図

 上士別の天塩川支流の三郷川は松浦武四郎の安政4年の日誌にある「カアナイ」のようである。日誌には「此処よりもアイヘツえ越るによろしと」と書かれ、三郷川の中ほどから愛別越のパンケヌカナンプ川に抜けられる。古い地図を見ると流路は今と変わらず、落ち口から900mほど天塩川の氾濫原内を天塩川に平行して流れ、その先で90度曲がって谷間に入る。谷間に入って600mほどで90度向きを変えて再び天塩川と平行になる。天塩川と離れて谷間に入って河谷(nay)になってからまもなく折れて天塩川に近い向きになるということで、三郷川はiki aun nayではなかったかと考える(パンケヌカナンプ川の本流にあたる金川の名はカアナイの位置の誤認によるか)

参考文献
永田方正,初版 北海道蝦夷語地名解,草風館,1984.
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.
北海道の山と谷再刊委員会,北海道の山と谷 下,北海道撮影社,1999.
知里真志保,上川郡アイヌ語地名解,旭川市史 第4巻,旭川市史編集委員会,旭川市役所,1960.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集4 巳手控,北海道出版企画センター,2004.
松浦武四郎,秋葉實,丁巳 東西蝦夷山川地理取調日誌 下,北海道出版企画センター,1982.
山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.
知里真志保,アイヌ語入門,北海道出版企画センター,2004.
榊原正文,データベースアイヌ語地名3 石狩U,北海道出版企画センター,2002.
松浦武四郎,秋葉實,丁巳 東西蝦夷山川地理取調日誌 上,北海道出版企画センター,1982.
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 上,北海道出版企画センター,1985.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集5 午手控,北海道出版企画センター,2007.
榊原正文,データベースアイヌ語地名4 日高T 静内町,北海道出版企画センター,2004.



トップページへ

 資料室へ 

 山名考へ 
(2017年6月18日上梓)