山名考

エタンパック山

 宗谷丘陵の山で、現行(2017年)の国土地理院の地形図では猿払村と稚内市の境の稜線から1kmほど猿払側に張り出した高まりに313mの標高点でその名が振られるが、そこから北西に1.4kmの市村界の稜線上に三等三角点「恵丹白」313.mがあり、ほぼ同じ標高である。両地点の間の鞍部の標高は250m程であり、一つの山塊と見なせそうである。

 松浦武四郎の安政3年の記録にオホーツク海側からのスケッチを合わせてエタンバコノホリなどとある。安政5年の記録にもカアレ川(狩別川)水源・マクンベツ(声問川)水源として挙げられ、「平山也」とされている。

 永田地名解に「Etanpakuhu エタンパク 溺レ山 洪水ノ時水ニ溺レタル山」とあるが、そのような伝説は信じられない。「溺れる」はアイヌ語でesumとかraworerというらしいので違う言葉で、e- raw pak(その頭・沈む底の方・まで)とか、e- rar pok(その頭・潜る・下)とでも解したものかと考えてみるが、意味が分かりそうで分からない。繋がる最後の小文字の「」もよく分からないがローマ字表記を見るに「フ」の小文字は誤植で、本来は普通サイズの文字のつもりであったか。普通サイズの文字だったとしてもよく分からない。

 村上啓司(1979)は、「そこ・タバコ・吸う・所(者) エ・タンパク・ク・プ」ではないかとしているが、現代の喫煙所でもないのだから、タバコを吸う場所を指して地名にしたとは考えにくい。火山でもないのだから煙が出ている山と言うこともない。エタンパククで、クが二回現れるのは無理がある解釈のように思われる。「そこで」などと訳されるエは動詞の語幹に付く接頭辞であり、名詞のtanpaku等には付かない。エが「そこで」ではなく「その頭」だったとしても、タバコを吸う主体が所でなく人なら、usiなどが用いられそうである。但し、アイヌ語方言辞典を見ると十勝方言ではtanpakuで「タバコを吸う」という動詞なので、e- tanpaku p[その頭・タバコを吸う・もの]は文法的にはありそうである。また、旭川地方のアイヌ語で溺れることを、「エタンポ エタンポ キ コラン(アップ アップ している)」と表現していたことがあったようだとして、永田方正の「溺れ山」はこうした言葉の付会ではないかと推測している。

 旭川に似た音を持つ江丹別川がある。江丹別を山田秀三(1984)は「旭川市史の・・・『・・・エ・タンネ・ペッ(e-tannne-pet 頭・長い・川)の義でもあろうか」とした意見を採りたい。」としている。また、近文の古老が「『古い人は、エタンベツは和人が縮めた名だ、本当はエトコタンネベツと呼ぶのだといっていましたよ』」と話していたのも支持しているようで、「江丹別川の下、中流はずっと一本川であるが、源流部まで上がると小平野があって、・・・そこから手の指を拡げたように枝川が左右に拡がって」いることを指摘し、「正にエトコ・タンネ・ペッ(水源が・長い・川)であった。」としている。

 地形の指摘は支持したいが、江丹別川で長い感じがするのは上流部ではなく中下流部ということではないのか。それなら水源やその頭が長いとは言えない。水流の水源やその頭のことを言うなら、枝分かれしているとか、両側に分岐しているとか言うべきだろう。

 また、山田秀三(1984)は江丹別川上流の各支流の名の検討で、「以上の地名から見ると、アイヌ時代はいくつかの処を越えていたのだった。」として、山越えする場所が江丹別川上流に複数あったことを指摘している。

 エトコタンネベツだが、天保郷帳に「ヱタンベツ」とあるというので和人が縮めたのではなく、別名としてあったのではないかと考えてみる。

 エタンベツ川は重要な道であり、それが上流域で枝分かれしていることを言う、e- ru-aw -nu pet[その頭・道の・股・がある・川]か、etok(o) ru-aw -nu pet[その先・道の・股・がある・川]の転訛ではなかったかと考えてみる。r とd は位置が近似し、アイヌ語でラ行音をダ行音のように発音する人も多くいるという。ラ行音がダ行音と受け取られてしまえば、d とt はアイヌ語では区別されない。また、アイヌ語では母音の連続を嫌い、一つにまとまることがある。ンの音に転訛するのはwnuの方がwneより近い気がするが、エトコタンベツを本来の名とする伝承もあるので、或いはetok(o) ru-aw ne pet[その頭・道の・股・である・川]等かとも考えてみたが、上流域全体が道の分岐というわけではないので、neではなく-nuだったのが転訛してネの音になっていたのではないかと考える。

エタンパック山山頂一帯の地図
エタンパック山山頂付近の地図

 エタンパック山の山頂付近の地形を見ると、山の裏手の三角点「恵丹白」との鞍部で南北に川が反対向きに流れ出しているのが目に付く。それぞれ猿骨と猿払に向かう。

 エタンパックのエタンは江丹別と同じで、元の名はエタンパック山の裏手の三角点「恵丹白」の高まりとの鞍部で、道となる猿骨川源流(最上流の橋の名が地形図にシトシュベツ橋と記されているので支流としての名はシトシュベツか)と、狩別川支流三号線川が南北反対向きに流れ出ていることを言う、e- ru-aw -nu p[その頭・道の股・がある・もの(山)]で、後にこれがエタゥヌなどと言った音に訛って意味が分からなくなったが、ru-awである、双耳峰のエタンパック山の中間の鞍部が道の分岐点である大事な所だということは覚えられていて、その鞍部の場所を「うなじ」とみなして「エタゥヌ oko(/okuhu)[エタゥヌプ・のうなじ]」(エタゥヌポコ/エタゥヌポクフ)などと言ったのが更に急言(?)を合わせて訛ったのがエタンパコ/エタンパクではなかっただろうかと考えてみる。小文字の「ゥ」の音が落ちたのはとりあえず、「うなじ」が付いてからとしたが、うなじが付く前に落ちて「エタヌ」となっていたとしても同じことになる。

 鞍部から三角点「恵丹白」へ上がる場所は西側の声問川やサロベツ川流域への道の分岐となりそうだが、「バコ」や「パクフ」の音から、鞍部そのもののの分岐のことが優先されて地名になったと考える。江丹別の場合と同様に、山頂一帯全てが道の分岐と見なせるというわけではなく、山頂近くの鞍部に道の分岐「がある」と言うことで、neではなく-nuで言ったと考える。

 但し、okoやokuhuと言った所属形を辞典に見ていない。見たのは地名アイヌ語小辞典のokiである。地方によっては知られていない所属形もあったのではないかと考えてみる。或いはアイヌ語のu は日本語のウより口の奥のほうで発音するのでウとオとの中間のように聞こえることが多いというので、okoと言う形は無く、okuokuhuのセットだったのかも知れないとも考えてみる。元の名をe- ru-aw un peかとも考えてみたが、wunで音節の数が増えるので縮まりにくくなるのではないかと思う。

 エタンパコが山の名として使われるようになって、エタゥヌ/エタヌは忘れられたと考える。

 鞍部が「うなじ」だとしてエタンパック山と三角点「恵丹白」の高まりと、どちらが頭でどちらが胴かということは意識されたのか、されなかったのかが気になったが、両者は標高では同等である。ルベシベツ山道のオクチシも両脇の山に差がないので、意識されなかったのではないかと思う。

参考文献
松浦武四郎,高倉新一郎,竹四郎廻浦日記 上,北海道出版企画センター,1978.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集3 辰手控,北海道出版企画センター,2001.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集5 午手控1,北海道出版企画センター,2007.
永田方正,初版 北海道蝦夷語地名解,草風館,1984.
田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.
村上啓司,道北の山の名,pp43-47,330,林,北海道造林振興協会,1979.
服部四郎,アイヌ語方言辞典,岩波書店,1964.
山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.
竹内理三,角川日本地名辞典1 北海道 上巻,角川書店,1987.
金田一京助,増補 国語音韻論,刀江書院,1935.
田村すず子,アイヌ語,言語学大辞典 第1巻,亀井孝・河野六郎・千野栄一,三省堂,1988.
知里真志保,アイヌ語入門,北海道出版企画センター,2004.
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.



トップページへ

 資料室へ 

 山名考へ 
(2017年4月16日上梓)