翠明橋付近から見た野塚岳

ニオベツ川の大滝
野塚岳(1353.2m)

 南日高、天馬街道野塚トンネルの上にそびえる双耳峰。下に天馬街道が走ったことでアプローチが良くなったこともあるのか、「北海道の百名山」に選ばれて登る人が増えているようだ。南隣のオムシャヌプリと殆ど相似形をなす。天馬街道のおかげで日高の山の中では、かなり標高差の少ない沢登りが出来る。ガイドブックでは双耳峰の鞍部「野塚平」にニオベツ川から上がるルートが初心者向けとして書かれているが、このルートは源頭部で崩落があったのか、現在は詰めが非常に難しくなっている。沢の雰囲気は全体的には美しく快適で初心者向きである。


のづかだけきたがわのちず
のづかだけみなみがわのちず

★ニオベツ川直登沢(右図青線)

 野塚トンネル南口から沢に入る。沢は高く護岸されていて下りるのは非常に大変(以前は梯子があった)。下流側の道路の下を流れる暗渠の出口あたりが高さが低く、ロープを結べる白樺が生えているのでここからずり下りるのが良かろう。懸垂下降とまでは必要ない。

 しばらくは坦々とした河原を行く。踏み跡も時折ある。ニオベツ川は一直線で野塚平の源頭まですっかり見渡せる。920m二股の手前からナメ滝が現れるが、傾斜がゆるくどちらかと言うと滑床である。

 920m二股を左に入ると、あとはガレの詰まった沢が続き、野塚平の直下で崖になり行き詰まる。

 920m二股の右には正面に巨大な五月雨状の滝が見えている。この滝は高さはあるがホールドは沢山あり、足場も取れるので高さに萎縮しなければ難しくはない。下りることもできる。

 あとは小滝が続き、ヤブ漕ぎなしで山頂に出る。全体的に足場は取れるが狭く、日高らしく平均傾斜が結構あるように感じるので、技術的には容易だが沢初心者には恐ろしいものがあるだろう。


★下降尾根(右図赤線)

 このルートは夏も冬も使える。地面にはごく薄い踏み跡があるが登りに使うにはネマガリタケを漕ぐのが大変だろう。雪のある時期も取り付きの傾斜が急なので登りだしに苦労するかも。尾根の分岐点のピークはこのあたりの稜線にしてはヤブが深いので、野塚岳から下りてきたら、登らずトラバースするように下降尾根に入ると良い。雪のある時期は疎林で気持ちがよい。無雪期はスパイク足袋が良い。


★豊似川ポン3の沢支流(右図茶色点線左側)

 このルートは夏と春に使える。割合広い。冬場は雪崩の心配がある。沢登りには特に滝などはないらしい。残雪期はただ沢筋に沿って歩くだけである。


★野塚岳北東尾根(右図茶色点線右側)

 このルートもトンネル北口から尾根取り付きまでに雪崩の危険はあるが、上記の沢詰よりはマシだろう。また茶色点線の両コースにはさまれた北西尾根も残雪期には使われているようだ。もう一本北の尾根ならトンネル北口に直接出るので安心だが少しアップダウンがある。

参考文献
道新スポーツ,北海道の百名山,北海道新聞社,2000.



トップページへ

 資料室へ 
(2002年10月4日上梓)