カムイ岳(1756.1m) カタルップ沢

 カムイ岳とは北日高は戸蔦別岳とエサオマンの間、本来なら自分の登山の性に合わない、たまたま名前のついているコブ。然れども日高山脈主脈上にありながら、名前がついているのに夏の全山縦走からオミットされている哀れな山。南日高の神威岳と区別する為、地形図では漢字書きだがカタカナ書きされる事が多い。名前の由来は戸蔦別川本流のカタルップ沢の対岸辺りの崖が「カムイクチカウ」と昔の地図にあったことから、その傍の山なので三角点の名前として採用されたのではないかと思われる。幌尻岳の最高の展望台という噂を聞いて、カタルップ沢(エサオマントッタベツ沢の一本上流の沢)から上がってみた。




出合の様子

F1(1000m)

 林道はカタルップ沢出合まできれいで走りやすい。カタルップ沢出合の橋に赤テープで通せんぼしてあった。カタルップ出合の橋(カタルップ橋)から入渓。出合からナメ滝で、ひとつながりではないものの標高850mあたりまで延々とナメ床と低いナメ滝が連なっている。台風の影響が残っていてやや増水気味で、すごい迫力だった。標高1000m付近に第一の大きな滝(図のF1)。滝の両脇に小さなホールドが沢山並んでおり上手な人なら登りも下りも直登できそう。ワタシは登りは左岸直登したが下りは左岸の泥地を下った。またF1より下流で右から合わさる支流はいずれも滝になっている。

 1050mの直登沢出合は狭くルンゼ状に水流が走って合流して小さな滝になっている。ここから狭くて何となく嫌な滝が連続し、巻いたり登ったりして越えていく。1150mには、下の方で二列の岩溝の山手側だけに水流が集まり、上の方では急なナメ滝となる、剥げた草つきのかなり嫌なトラバースによる巻きが必要な大滝(図のF2)がある。ここは右岸を巻く。

 1250mあたりではルンゼ状の連瀑(図のF3)があり、下から2番目くらいにチョックストンがあって、両脇とも急な草付きで巻ききれないので、少し下流に戻り、左の小沢の間の尾根の根曲がりブッシュの中を40分かけて大巻きした。下りでも20分かかった。複数人で行く場合、ショルダーで越えられるかも知れない。

 1350mの二股は両方滝(図のF4)だ。右の支流はルンゼ状、本流は門状の岩影から落ちる風情のある滝で、大きく高く見えるがわりと気持ちよく簡単に登れる。後は開けた感じで小滝とガレの繰り返し。小滝はどれもホールドはすごく多いものの傾斜がきつくて、「小滝群」でくくってしまわれる中では面白い方だと思う。やはり台風の影響か、1700mあたりまで水流があって、最後はやや傾斜がゆるくなり、詰めはヤブ漕ぎなしで稜線に出、3分薄いハイマツを漕いで山頂に到着する。

 山頂からの景色は、日高幌尻岳は手前のコブに邪魔されてすっきりとは望めない。エサオマントッタベツ岳の北カールのモレーンとプロテーラスランパートが四段くらい並んでいるのがくっきりと見える。東方はハイマツが高くて展望が少なく高い山もないが、他の三方を日高の巨人にすっかり囲まれているのはかなりの迫力だ。

 天気は高曇り、下山中にガスが出て小雨が降ってきた。時間は登り4時間半、下り3時間45分。短い割に時間はかかった。増水してなくて、濡れ落ち葉が岩についてなくて、前夜の寝冷えか下りで喉が痛くならなかったらもう少し早く通れたと思う。

 面白い沢ではあるけれど、技術的には中級と言ってよく、ちょっと背伸びしてしまったかな、と言う反省がある。「北海道の山と谷」の難易度表現(山谷グレード)で言うと、!!の上の方といったところか。その他の日高の沢と比較すると札内岳ガケの沢よりは上、長さを考えずに技術だけ問うとしたら豊似川右股やヌビナイ右股と同じくらい、と言ったところだと思う。


910m二股の枝沢(右上)
本流はタコかUFOのような小滝

F4(1350m)


トップページへ

資料室へ戻る
(2002年10月9日上梓 2007年3月11日写真挿入)