ポンネアンチシ山の位置の地図ポンネアンチシ山(1145m)
古宇川南面直登沢 美国川我呂の沢

 積丹半島で三番目に高い山。山頂には巨岩が鎮座している。古宇川は易しく、楽しく、夏のルートとしては一番短い。


★古宇川南面直登沢
参考時間・・・神恵内温泉998-0:50-林道ゲート-0:40-林道終点-1:25-370m二股-1:25-540m赤土二股-1:10-水源-1:15-山頂
中縮尺地図詳細地図はやや下に。

 神恵内にバスで着くと、古宇川がすごく増水していた。まるで融雪期のようだった。しかし、林道終点までは行ってみることにした。札幌ではそうでもないと感じた前夜の雨が多かったらしい。

 古宇川本流沿いの林道にはトーマル峠の道路(道道998号線)から半分くらいのところの滝ノ沢方面分岐のすぐ先にゲートがあった。

 林道終点で幕営。翌日、更に400mほど沢沿いに刈り分けがあり、たどってみるが、ヤブの中で終わっていて、そのヤブから沢に下りるのにネマガリタケで苦労したので、そのまま林道終点から沢に下りてしまった方が楽だと思われる。あまり時間短縮にならなかった。

 一晩経ったら少しは減水するかと予想していたが、減っている感じがしなかった。雪解けの季節を思わせる水量だったが、水が澄んでいる。ヤマメかイワナかサケか、釣りをしないのでよく分からないが、池の鯉のように大きいのがウヨウヨしていた。370m二股から滝が現れるが、低くて簡単に登れるナメ滝ばかりだ。


沢の様子

370m二股すぐのナメ滝

続く滝

 540mの赤土の二股(左岸に赤土の露頭がある)辺りまで来ると増水の影響を感じなくなる。右に入り、ここから沢はずいぶん小さくなるが、沢の水面に木々がかぶってきて歩きにくい沢だ。700mあたりから900mまで10m未満の細い滝が続く。楽しく登れる滝が多い。780m付近にある一番大きな15mの滝を登ると後方に大きく視界が広がり、羊蹄山からニセコ連山、日本海と狩場山塊までよく見える。更に滝が続いて980mあたりで水源。その後は濃いネマガリタケのヤブ漕ぎで稜線へ。後で山頂から見直すと左寄りに漕いでいった方が草付きが続いて登り易かったようだ。




赤土二股(540m)左岸の赤土

白い岩が多い

感じの良い小さな滑床

寝木がかぶる沢だ

この滝は完全に巻いた

15m大滝 下段は登れた

滝の上に登ると初めて展望が

楽しく登れる滝が続く

源頭間近のナメ

 稜線に上がってからはナナカマドやカエデがネマガリタケに混じり、最後は平坦で深いハイマツの海を漕いで巨岩のあるポンネアンチシ山へ。前半の増水がなければもう少し短時間で行けたと思う。ヤブ漕ぎが思いのほか長かった。


稜線より源頭を見下ろす
奥(登って左寄り)は草付きのようだ

ハイマツの海の向こうに
巨岩のある山頂が見える

西方にガニマナコを望む 地形図では
これほど出っ張っていない気がするが

山頂から余別岳を望む

山頂から積丹岳を望む

山頂から珊内岳を望む

 巨岩は簡単に登って最高点に立てる。余別岳は遥かに高く積丹半島最高峰らしく威厳のある姿だ。積丹岳も岩峰を従え神々しい。これらの山の間の盆地状の地形は地すべりによるものだが、積丹岳から眺めるほどは池塘群が目立たない。池塘は無い様に見えたのが意外だった。樹林に隠れている数々の滝の音は山頂まで響いている。

 古宇川や我呂の沢の石も同じだが、山頂の石にはコブシよりは小さい様々な大きさの窪みが多くある。その中でも山頂の5つほどの巨岩のうち、一番大きく最高点を成している巨岩の上面には盥ほどのやや大きな窪みが二つあった。これはグナマかもしれないと思ったが、周りの他の岩を見ると上面に限らずあったので違うようだ。


山頂の巨岩のひとつ
左は乾燥中の渓流足袋と軍足

グナマに似ているが違う
水がたまっているものもあった

 「北海道の山と谷(北海道撮影社)」にはこの沢の紹介がないが、「山谷レベル」で表現すれば!*レベルの下の方か、!レベルの上の方だと思う。面白い沢ではある。


★美国川我呂の沢下降(一部エスケープ・下り)
参考時間・・・山頂-0:50-水源-0:05-湿原-1:05-上二股(715m)-1:35-中二股(450m)-0:20-二ノ俣出合(380m)-0:50-鞍部-2:20-林道-0:30-舗装道路終点-1:40-美国市街(国道229号)

 中縮尺の地図はやや下に。

 山頂付近は低く絡まった樹林だが、すぐに東側のカール状地形の末端までネマガリヤブが続く。時々シダの斜面が混ざり楽が出来る。真北に下りていくと途中に柱状節理の崖があって下りられない。やや東側から巻くか、余別岳との鞍部まで稜線を辿ってから下りる。斜面末端では大量に湧き水が出ていて、その水がすぐ湿原になっていて池塘もある。湿原の池は浅かった。湿原地帯はすぐに終わるが、水量がすごく多い。しかも湧き立てなのですごく冷たい。


ヤブから見下ろす池塘

池塘と積丹岳

池塘とポンネアンチシ山

 余別岳南コル直登沢との出合は、水量は同じくらいだが下ってきた南俣(ポンネアンチシ山方面)は苔生していて、余別岳の北俣は苔むしていないことが、登ってくる際に難しい読図の手助けになると思う。明るいのだが、谷底で目標物が見えにくく、読図が難しい。

 河床には時々粘土があり、粘土には黒い斑点が目立つ。火山灰が粘土になり、火山灰が積もった時に焼かれた木の炭が残っているのかと思う。寝木状に水面にかぶっている木が多い。


粘土の層なす崖

粘土と黒い斑点と枯葉

 715m上二股の辺りから河床だけでなく川岸にも粘土が大きく現れるようになり、上二股の右は少し濁っていた。その下の巨岩帯は、巨岩帯とは言われているけれど夕張山地の巨岩帯の方が岩が大きい気がした。谷が狭まって一つ南側を巻く滝がある。その下に地形図では北側に大規模な崖記号があるが、崖で岩が露出しているのは上の方だけで、殆どは草付きになっていた。


上二股の左 奥に粘土の崖

巨岩帯

巨岩帯 ここは巻いた
翌年の水の少ない写真

ポットホールがあった

中二股の滝(左)

 450m中二股では両方ナメ滝になっており、積丹岳から下ってくる左の方が水量が多かった。そして濁っていた。水量が間違いなく普段より多い雰囲気。

 中二股のすぐ下の鉱山跡は幕営適で焚き火跡があったが、焚き火のオキからは膝ほどの高さのハンノキとギョウジャニンニクが生えていた。久しくこのオキは使われていなかったようだ。鉱山は重田美国鉱山と言い、重田と言う人の所有で昭和10年頃から探鉱され20年休山、銅・鉛・亜鉛を産出したという。トロッコのレールの欠片が落ちていた。この鉱山のアプローチはどこを通っていたのだろうか。トロッコは美国の街まで続いていたのだろうか。わずかに末端から線路敷きのような土盛りが見られたがすぐ辿れなくなった。坑道も周囲を少し漁ってみたが見つけられなかった。

 その後は殆ど滝はなくなり、2.5m棚状の川幅いっぱいの大きな滝が一つある。簡単に通過できる。


鉱山跡テン場

2.5m棚状滝

25m滝上段を上から

 390mの25m滝の落ち口は二ノ俣出合と同じ地点で、落ち口から下流を見下ろしてこれまでの水量の多さと切り立った下流の景色に恐れを感じてしまい、ここより下にあると読んでいたヘツリ連続区間をこなす自信がなくなってしまい、300mほど北側に本流と並行する小沢に移動した。二ノ俣沢に入ってすぐの右に入る水の殆ど無い右の支流に入り、山葡萄の絡まる台地状のネマガリタケの中を1時間漕いで移動して、この小沢を下った。しかしこの小沢も真ん中あたりが腰まで浸かるそれなりのゴルジュになっていた。岩は黒っぽく滑りやすく、書物に書かれるツルツルと滑りやすいという我呂の沢の岩そのものであった。5m以上の滝も幾つかあり、巻かなければ降りられないものが幾つもあった。パーティーによっては懸垂もするだろう。手がかり足がかりになる岩は苔が禿げていたので自分と同じ考えになってここを通る人はある程度いるのではないかと思われるが、2kmほどに2時間半もかかってしまったこの区間は我呂の沢本流を下るのとどちらが早かっただろうか・・・。我呂の沢から登るのは今後の課題としたい。(2008年に我呂の沢を下から行ってきた。本流を下った方が楽だった。)


辿った支流 滝はあった

ゴルジュもあった

けっこう本格的

 林道は草や蔓で覆われ荒れているが大きく路盤ごと崩れている所はない。途中に針葉樹が変な具合に立ち枯れた植林地帯を通る。最終堰堤からは自動車でも走れる道だ。

 次の橋の先にはAACHの看板のかかった小屋があったが鍵がかかっていた。AACHは北大山岳部。この小屋は北大山岳部OBの建てた小屋で直接は北大とは関係ない小屋だという(MEADさんの情報御提供)。小屋の名を示す額もなかった。また、すぐ近所には建設中のようなプレハブ小屋があったが、天井が風で飛ばされたような状態になっていた。日本登山大系の中の小樽GCCの記述によると昭和2年頃、北大山スキー部(山岳部とは別物)がこの辺りから積丹半島冬季縦走に何度も挑戦したと言うことだがそこまで古い小屋ではなかったように見えた。OBとはその頃の関係者なのだろうか。更に次の橋の手前には作りかけの庭園のようなものと小屋があった。その下の橋からは舗装道路だ。しばらく別荘地のようなところを通過し、それより下では酪農地帯となる。美国の市街は瓦屋根の石蔵や見事な装飾の古い民家があり歴史を感じさせる街だと思う。


枯れ木林

北大OBの小屋

AACHの紋章

北大OBの小屋(?)2


★山名考

 積丹町史(1985)ではポンネが「楢」、アンチシが「峠」で、「楢の木の繁茂している峠」であるとしている。しかし、ポンネでは楢の木の意味もなさそうだし、アンチシで峠の意味も取れない。〔pon ni〕 e- an cis[小さい・木・そこに・ある・中窪み]で、風衝で矮性化したミヤマハンノキやダケカンバをpon niとして楢で代表させ、cisが窪みであるから峠としたものであろうか。しかし峠を指すアイヌ語はru-cis[路の・中央のくぼみ]や、ok-cis[うなじ・中くぼみ]とされ、cisだけで峠を指しうるのか疑問が残る。また、上に挙げた樹種は、この辺りの山ならどこにでも見られるので、この名前が地形の識別の役に立つとは思えない。アイヌ語の植物関係の辞典を引いてもトンニなら楢系の樹木の名前とあるが、pon niでは楢も載っていないし、項目もない。

 榊原(1997)はpon ne anci us i[小さい・ような・黒曜石・群在する・もの(川)]としてポネアン川(=我呂の沢)の名とする。流域の岩石は地質図では輝石安山岩となっていて黒曜石が含まれることは考えられないわけではない。下流部ゴルジュの岩は黒っぽくツルツルで斑晶もなく輝石安山岩ではなくドロドロと流れた溶岩そのものでないかという気がしたが、中上流域の岩は大きな白い斑晶を含み、黒曜石は歩いた限りでは見つからなかったが、地質に素人ながら安山岩ではないかという印象は受けた。火山灰が積もって粘土になった部分もあり、大きく火山の影響を受けているのは確かである。

 しかし、文法的に動詞であるpon[小さくある]とne[である]が並ぶのか疑問である。また、地質に詳しくないとはいえ、道内の黒曜石の産地と言われる他の場所(白滝・十勝三股)では簡単に黒曜石を見つけることの出来た自分が「産地」であり、深い山奥で狩猟時代以降それほど人が入っていない我呂の沢中上流域で黒曜石や、それに類する鏃などの原料になりそうな石を一つも目にしなかったと言うのは、個人的な体験とはいえ釈然としないものが残る。名前をつけて識別するほど産出するなら音更川(十勝三股の下流)のように中下流部でも川に幾らか流れてきているのではないかと思う。

 美国川本流を榊原(1997)は松浦武四郎の安政3(1856)年の蝦夷地調査の復命書「竹四郎廻浦日記」に聞き書きで美国川上流の地名として登場するホロナイ、東西蝦夷山川地理取調図の草稿とされる川筋取調図にあるポロナイporo nay[大きな・川]としている。フィールドノートである辰手控では「ホロナイ 左り小川」と書かれている。川筋取調図ではポロナイは美国川の最上流の右岸支流として描かれているが、その本流にはシユンクウシビクニの名が付されている。榊原(1997)はこのシユンクウシビクニを、西蝦夷日誌に「・・・右シユンクシベツ(源シヤコタン岳に至る)」とあることから我呂の沢として、sunku us 〔美国川〕[エゾマツ・群在する・美国川]もしくはsum kus 〔美国川〕[西・を通る・美国川]ではないかとしている。特に我呂ノ沢中上流域にエゾマツが多かったと言う印象はなかった。近代以降の林業が大規模になされたような雰囲気もなかった。2008年に我呂の沢下流部を歩いた限りでもエゾマツが多い印象は受けなかった。後者が妥当ではないかと言う気がする。ただ、脚色が入るとされる西蝦夷日誌を論拠としてどこまで信用してよいのかについては疑問が残る。西蝦夷日誌の元になっている竹四郎廻浦日記ではシユンクシベツ・シユンクウシビクニに相当する地名としてシユムシリハンヒクニが聞き書きの中に挙げられているが、この川だけについての水源は語られず、「其水は即フルウ岳より多く落来るよし」と、美国川上流一帯の川が積丹半島の西側の古宇の名を受けた山から来ているように書かれている。川筋取調図でも山名は記されていない。しかしsum kus 〔美国川〕なら美国川最大の支流で、本流の西側を流れる我呂の沢がシュンクシベッやシュンクシビクニの名を持っていたと考えられるとは思う。竹四郎廻浦日記の「フルウ岳より」とは我呂の沢だけでなく、美国川上流の川の多くがフルウ岳付近から来ていると言いたかったのではなかったか。辰手控では積丹岳やフルウ岳といった記述は見られず、「カヤノ澗カチへ行によろしかるべし」とあった。

 辰手控で、ホロナイが「左り小川」と書かれていることから、美国川本流をポロナイとみなすには疑問も残るが、美国川上流に「ポロナイ」があったことは確かであろう。「ポンネアンチシ」の初見かと思われる明治23(1890)年の北海道実測切図「積丹」図幅では現在の我呂の沢(ポネアン川)に「ポン子アンチシ川」と、現在のポンネアンチシ山を指して「ポン子アンチシ山」と振られている。美国川の最も大きな支流である我呂の沢は、そうした文献は見ていないが、ポロナイと対になるポンナィpon nay[小さな・川]であり、ポンネアンチシとは沢や山を指しているのではなく、〔pon nay〕 e- an cis[ポンナィ・そこに・ある・くぼみ]で我呂の沢源頭の地すべりによる、積丹岳・余別岳・ポンネアンチシ山に囲まれた大カール状地形を指していたのではないかと考えてみる。谷としてのポンナイの名が水流としてのシユンクシベツ/シユンクウシビクニの別名と考える。我路の沢は美国川の大支流で水量は本流と同程度あるが、美国川本流の谷をポロナイ(大きな谷)と見るならば、吐合はかなり狭い小さな谷筋である。

 鞍部の凹みを上下二次元のcisとして見る気がするが、千歳川筋のウコツシネ(ウコッチシネヒ/ウコチシネヘ)は横に凹んだもの同士が向き合っている。札幌の石山陸橋の所はヲコツシ子イの記録があり、アイヌの人によって「両方より川が来り、今少しよらば切合ニよって号る也」と説明された同様の地形である。ポンネアンチシの大カール状地形もウコツシネやヲコツシ子イと同じタイプの横に凹んでいるものとしてポンネアンチシ山から積丹岳の稜線に着目したと考える。cisはくびれであって、下にくびれることもあれば上にくびれることもあり、上にくびれると「立岩」の意となるともどこかで聞いた。大カール状地形をcisと捉えて良いように思われる。

 ポンネアンチシの主に後半の音と実際の地形から考えてみたが、吐合が小さめとはいえ集水域の広い大支流である我呂の沢をポンナィpon nay[小さい・沢]と呼ぶのはおかしな気もする。胆振の穂別の語源の説の一つとしてあったように、そこそこ大きな谷でも右股と左股で小さい方をpon nay(/pet)、大きい方をporo nay(/pet)のように呼ぶ事があったと考えて良いのか。pon nayの存在を直接示す資料も見ていない。まだ考える必要がある。

 竹四郎廻浦日記には積丹半島西側ののサン子ナイ/サ子ナイ(珊内)について、「此辺よりシヤコタン川すじえこゆるによろしと。夷人等は毎年冬道を一日にこへ来ると。」とある。積丹川すじから珊内に冬に山越えで来るには、積丹岳から珊内岳まで稜線を辿るしかない。積丹岳からポンネアンチシ山に掛けての稜線の東側に広がる大カール状地形が珊内への入口である、パンネアンチpar ne e- an cis[口・であることが・そこで・行われる・くぼみ]の転訛が、ポンネアンチシではなかったかと考えてみる。ポンナイェアンチよりは音が近い気がする。シンプルにpar ne cisとならない訳は分からない。入口にしては積丹岳まで登って、ある程度入り込んだ場所のような気もする。

 美国川は榊原(1997)によってpikew un i[小粒の石・ある・もの]として最下流部の水量が小石に隠れて伏流気味に少なくなっていることをあげて説明されている。国道の橋から見て最下流部は中上流域より水が少なくなっているように見える川であるとは感じた。河口付近の河床は確かに小石ばかりであった。また、我呂の沢の我呂(ガロ)とは日本語でゴルジュ地形のことを指してのガロウということで、我呂の沢の下流部ゴルジュを指しているのだろう。

 竹四郎廻浦日記で出てきたフルウ岳は、古宇川源頭の最高地点であるポンネアンチシ山とみなすのが妥当ではないかと考えてみる。

 二ノ俣沢から下流の自分が通った我呂の沢の一本北側の小沢は「無沢」と北海道河川一覧に書いてあった。当初は「名無沢」の誤植かと考えていたが、渡島の七飯の国道5号線の大沼峠の旧道が古くより無沢峠と呼ばれていたことを知り、考え直している。標津や釧路の武佐と同じか。山田秀三(1984)は武佐をアイヌの語のモサ/モセ/ムセ、「いらくさ」の意だったのかもしれないとしているが、植物の名であるイラクサが、そのままそれだけで地名になるとは考えにくい。が、対案は思いつかない。

参考文献
小樽GCC,積丹山塊,日本登山大系1 北海道・東北の山,柏瀬祐之・岩崎元郎・小泉弘,白水社,1997.
積丹町史編さん委員会,積丹町史,積丹町,1985.
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1984.
川村正一,アイヌ語の動植物探集,文泉堂,2005.
榊原正文,データベースアイヌ語地名1 後志,北海道出版企画センター,1997.
20万分1地質図「岩内」図幅,地質調査所,1991.
松浦武四郎,高倉新一郎,竹四郎廻浦日記 上,北海道出版企画センター,1978.
松浦武四郎,秋葉實,武四郎蝦夷地紀行,北海道出版企画センター,1988.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集3 辰手控,北海道出版企画センター,2001.
北海道庁地理課,北海道実測切図「積丹」図幅,北海道庁,1890.
5万分1地質図「余別および積丹岬」図幅,北海道立地下資源調査所,1979.
松浦武四郎,秋葉實,丁巳 東西蝦夷山川地理取調日誌 下,北海道出版企画センター,1982.
長見義三,ちとせ地名散歩,北海道新聞社,1976.
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集5 午手控1,北海道出版企画センター,2007.
田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.
北海道土木協会,北海道河川一覧 河川図編,北海道土木部河川課,北海道土木協会,1984.
山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.



トップページへ

 資料室へ 
(2007年10月2日上梓 4日写真と地図挿入 2008年8月16日山名考改訂 2017年5月25日山名考改訂)