札滑岳(さっこつだけ)の位置の地図

上興部市街から見た札滑岳
札滑岳 (992.7m)札滑川六線の沢
さっこつだけ

 日高山脈の北方延長といわれるウェンシリ地塁の連なりだからそれなりに由緒ある古い山だ。地形図で見ると南隣のウェンシリ岳の弟分のような感じがするが、上興部の集落から見ると非常に堂々として、かつて道がつけられていたというのもうなづける。しかし、上興部を支えてきた石灰鉱山も閉山し名寄本線も廃止され人口の減った上興部では登山道の維持が出来なかったのも仕方がない気もする。西側の下川町から登った方がヤブは濃くても時間的に早いことが予想されたが、上興部から仰がれ、登山道が付けられたという事実と合わせ、上興部の山ということで西興部村からの登山にこだわってみた。


札滑岳広域地図 いわゆる豚沢で何もない(2mの滝1つで簡単に巻ける)。最後のヤブ漕ぎも北面なのでかなり薄くて楽だ。下の河原の長いのが難。

 車道は地図上のところですっぱりと途切れ、牧草地になって終わっている。牧草地を少し横切って入渓。ちょうど二股になっている。

 河原と言っても乾いた石が出ているわけではなく、ゴロゴロした石の浅い河床を歩いていくが、粘板岩の石が非常に滑りやすく、足を置くとグズグズ崩れて歩みを止める。堆積岩である粘板岩はフェルト底、スパイクで滑るのみならず、石同士の摩擦も非常に少ない気がする。しかし手で触るとつかみやすい。

 水面の周囲は寝曲がりだったりイタドリやフキの林だったりするが、わりと鹿の道がある。こんな単調でややくたびれる歩みを約1時間、標高440m付近では国境稜線までの標高差が僅か40mほどまで下がり、沢の中とは思えないほど明るくなる。紅葉もグッド。

 その手前まで割れた茶碗や植木鉢が落ちていることがあり、かつてはその辺りまで人家があったのかもしれない。また標高500m付近から角度が加わってくると、よほど環境が適しているのかイラクサが非常に多く、あちこち刺されて大変だった。一回雪が降って全て草が倒れてからの時期の方が快適に歩けるだろう。それか山頂近辺にまだ雪が残る頃だろうか。豚沢なのに標高のわりに時間がかかったのは石の滑りやすさもあるが、イラクサの影響が大きい。

 水が切れるとイラクサはなくなり、傾斜のゆるい疎林のシダの斜面を登る。忠実に沢地形を辿ると右寄りになり、それに従うのが良い。山頂へ中央突破はかなりの密度のヤブ漕ぎになる。

 少々のネマガリタケのヤブを漕ぐと920mほどの西の肩に出て中程度の潅木のヤブを分けていく。山頂はヤブに埋もれて三角点があり、昔の登山道は全く感じることが出来なかった。西側が潅木林、東側が草原でウェンシリ岳の山頂とそっくりな雰囲気だ。

 ガスで展望は残念ながら得られず。残雪期にでも晴れた日を狙ってまた行きたい。

 このコースは平地部分の鹿道の不明瞭な部分の笹を刈り分ければ、わりと簡単に登山道化することが可能と思われる。ヒグマの多そうなところだが、特に痕跡は見当たらなかった。


※その他のコース


上興部駅跡のキハ27

駅名票

旧駅舎は名寄本線の資料館に


★山名考

 「札滑(さっこつ)」について考えてみる。

 アイヌ語地名「サッコツ(或いはサッコッ/サツコツ)」が記録されたのはやや新しいようである。明治29(1896)年の「北海道地形図」に「サッコツ」と札滑川があるのが古いようである。

 興部川は班渓川落ち口の上手から上興部の上手まで、ずっと幅300〜600mの底の箱形の広い谷を持ち、その中を蛇行しながら流れている。札滑川の本流である興部川を少し下流から遡って札滑川がどう見えるか考えてみる。

 西興部村の中心にあった西興部駅は昔は瀬戸牛駅であった。興部川の谷が120度ほど、明確に曲がる所にある。忍路子川が細い鼻をもって鋭角に興部川に合流している。忍路子川は北海道地形図ではオシヨクシュセトシで、o- 〔sir-ik us etu〕 us -i[その尻・見える空間の・関節・にある・鼻・につく・もの(川)]と考える。

 興部川を遡ると七重の沢がある。興部川が左に曲がる所で合流し、その内側に沿って流れているaw ne -i[内・である・もの(川)]が七重の語源と考えてみる。

 更に遡ると一滑の沢がある。一滑は「イッコツ」と読むらしい。コツの音が札滑と共通しているのが気に掛かるが、何を指しているのか分からない。

 上興部が近づくと谷が拡がる。谷は二股になって興部川本流と札滑川を分ける。札滑川の谷は興部川本流の谷よりは小さいが、8割分くらいはありそうである。川幅は相変わらず谷の幅に比べるとずっと小さい。

 この、見える空間が二股になっている所にある川である事を言った、sir-aw kat[見える空間の・股・の辺]の訛ったり約まったりしたのがサッコッではなかったかと考えてみる。但し、katをアイヌ語辞典で見たことがない。見たのは永久保秀五郎のアイヌ語雑録にあるというkatで、意味は「辺(へん)」とされているが、どういった「辺」なのか、品詞は何なのか、よく分からない。位置名詞で「〜のそこらへん」と考えると、札滑の地形に合致するように思われるので、そう解釈し、イタリックで表記しておく。札滑川上流に察来橋(さっくるばし)があるという。sir-aw -ke or[見える空間の・股・の所・の所]と言った人も居たのではないかと考えてみる。

 一滑はir kat[ひとつながり・の辺]の転訛で、西興部中心部から上興部に掛けて、ずっと興部川の河谷と水流が同じような地形を続けている辺りということで、そこの沢が一滑の沢かと考えてみるが、irを用いたと考えられる他に地名を知らないので試案としておく。或いは胆振の、5km近く浜沿いに流れて厚真川に注いでいたという入鹿別川は、irを用いた〔ir uske〕 o pet[ひと続きである・所・にある・川]かとも考えてみる。

 札滑岳を伊藤せいち(2003)はkamuy-sir[神・山]としているが、違うように思われる。すぐ南により高いウェンシリ岳があるからである。

 松浦武四郎の東西蝦夷山川地理取調図はヲコツヘ(興部川)とモヲコツヘ(藻興部川)とルロチ(瑠椽川)の水源の名寄川上流域の東に「カモイシリ」の山を描いているが、山は一つである。また「エイシリ」がヲシカリシヤラ(思沙留川)の水源でシヨコツ(渚滑川)の中程の北に大きく描かれ、伊藤せいち(2003)はこれをウェンシリ岳とするが、松浦武四郎の戊午の日誌のシヨコツ川筋を見ると、エイシリはサトサツナイ(鴻輝川)の10丁ほど上でヲワフンベナイ(和訓辺川)より15〜18丁ほど下流に「椴木立山」と書かれているので、渚滑川に150mほどの高さの山の迫っている所のことであり、遠目の大き目に見積もってもその西北西の414.8m三角点峰辺りで、ウェンシリ岳とは無関係と思われる。

 札滑岳とウェンシリ岳辺りの山に「カモイ岳」と振る明治中頃の北海道図なども、カモイ岳一つしか書いていないようである。これらは内陸部が不正確な地図のようだが、札滑岳かウェンシリ岳か、どちらかの山を載せるなら、150mほど標高が高く、山体も大きいウェンシリ岳が優先されるように思われる。

 西蝦夷日誌の天注では、ヲコツベ(興部川)の上の「カモイシリ岳」をウェンシリ岳としている。

 札滑岳はカモイシリでは無かったと考えておきたい。

参考文献
伊藤せいち,アイヌ語地名2 紋別,北海道出版企画センター,2006.
松浦武四郎,秋葉實,武四郎蝦夷地紀行,北海道出版企画センター,1988.
北海道内務部地理課,北海道地形図,自治堂,1896.
知里真志保,地名アイヌ語小辞典,北海道出版企画センター,1992.
萱野茂,萱野茂のアイヌ語辞典,三省堂,1996.
中村一枝,永久保秀二郎の『アイヌ語雑録』をひもとく,寿郎社,2014.
田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.
松浦武四郎,東西蝦夷山川地理取調図,アイヌ語地名資料集成,佐々木利和,山田秀三,草風館,1988.
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 中,北海道出版企画センター,1985.
北海道図.



トップページへ

 資料室へ 
(2003年10月2日上梓 2017年5月17日山名考改訂)