犬牛別山
温根別「南16線」バス停付近から
犬牛別山広域地図

犬牛別山(746.2m)と幌加内坊主山(743m)

 犬牛別山も幌加内坊主山ものっぺりした山頂を持つそれほど登高欲をそそらない山。金色の焼き物になるという蛇紋釉の元となる蛇紋粘土を求めて犬牛別山に辿り着く。縁が出来たら登らないと済まないのが山ヤのサガ。5月に沢から山頂を目指すも強烈なネマガリタケのヤブに遮られ断念。冬に登りなおした。士別市温根別から幌加内町に山を横断した。



★犬牛別山北東尾根登山

 ダムの1.5kmほど手前に車止めのゲートがあり、夏も冬もここから先は自動車は入れない。冬場はスノーモービルが横から回りこんで進入している跡があった。

犬牛別山の地図 ダムまでの道路は法面が岩肌だったの雪崩危険箇所として歩くべきでなかったかもしれない。気温の低い早朝だからと結局通ってしまった。ダムからマムシ沢と五線川の間の尾根を登る。結構疎林でなだらかだが登り返しが多く存在するのでスキー向きとはいえない。この尾根はスノーモービルの跡も人のトレースも全くなかった。途中でムササビらしき足跡を見つけた。初めて見た。もう冬眠が終わっていたのだろうか。


5-600m、赤点線の部分を登る
 標高500mからの急斜面は、殆ど裸の雪崩斜面のように見えたが、真ん中に一列木が生えた鼻のような部分があるので、それに沿って登った。ウサギやキツネの足跡もこの一列の木に沿うように収斂していたか。640mより上は平坦な台地になっており、大きなアカエゾマツの疎林がいい雰囲気だが平らすぎる。このルートは残雪期にウロコ付きのスキーで登ると良さそうな気がする。

640mの台地・・山頂が見える

 山頂は三頭山の展望が非常によい。山頂一帯は古いモービルの跡があった。別の方面、幌加内側から登ってくるのだろうか。この山ではモンスターが出来るようだ。冬も終わりに近いこの日は、ニューネッシーのように肉の落ちた雪のモンスターが幾つか立っていた。


★犬牛別山--幌加内坊主山

 幌加内坊主山へは平らな尾根を歩いていく。坊主山の西斜面は木の少ない広い斜面が広がっている。722mのコブを巻くと三頭山の展望は完全に遮るものがなくなり、ますます素晴らしい。坊主山の最後の登りは周りに木が少ない細長い尾根で、天の掛け橋を行く感じである。


★幌加内坊主山和加山尾根下山

 坊主山の南斜面は非常にスキーに向いた地形である。そしてそれより下では幌加内側に下りる殆どの尾根がそのままスキーに良さそうな景観を呈している。今回は国道にダイレクトに下りる和加山の尾根を下った。

 幌加内盆地に下り立つ平野の脇に、地図には「幌加内幹線用水路」の水線が書かれているが積雪期なら水は流れておらず、雪に埋まっていて簡単に渡れる。

 南斜面の西寄りのアカエゾマツの低木林を回り込んで和加山の尾根に入る。若干の起伏はあるが広く疎林なので、上手にトレースすれば下りでも登り返しなしで下りられるであろう。ワカンで来た事が惜しまれた(ワカンの裏に雪団子が出来ていたことも忘れて)。三角点の和加山は特に何もないところで通過し国道275号線の新雨煙別橋付近に下山。最後まで疎林で道路に出るまでスキーを楽しめるだろう。しかし一番下では雪がかなり腐って苦労(というほどでもないが)した。幌加内の街まで1時間国道を歩いてバスターミナルの「ほろほろ亭」で手打ちそばを食べてバスに乗って帰宅した。


幌加内坊主山から
幌加内の町を見下ろす

和加山尾根

坊主山
上幌加内バス停付近から


坊主山から見た三頭山

★山名考

 明治23年頃の「北海道実測切図」では犬牛別山は「イヌンウシュペッカムイヌプリ」と記された。犬牛別川の霊山と言うことらしい。イヌンウシュペッは犬牛別川のことで、アイヌ語のイヌヌペッinun us pet[魚取りに滞在する・することを習いとする・川]である。犬牛別川の川の名の看板に「漁人の仮小屋ある川」とあるのは明治時代の永田方正の北海道蝦夷語地名解の記述そのままで、昔の状況の説明にはなっているがアイヌ語の由来として書いたのならば問題がある。アイヌ語inunは動詞であって、「漁人の仮小屋」という名詞の意味は無い。usは名詞を受ける場合は日本語の「ある」に似たニュアンスになるが、動詞を受ける場合は「そのことをいつもする」といった助動詞的な意味となる。

 坊主山はクンネヌプリkunne nupuri[黒くある・山]。冬は寧ろ「白い山」に見えたけれど、夏は針葉樹が多いので黒っぽく見えるのだろうか。



トップページへ

 資料室へ 
(2004年3月31日上梓)