山名考

オプタテシケ山

 近藤重蔵の文化4(1807)年の石狩川川筋図に遠望された石狩川水源の山として「ヲツタテシケ山」の名がある。

 松浦武四郎は安政3(1856)年に「ヲフタテシケ」「ヲツタテシケ」と記し、安政5(1858)年に「ヲフラーテシキ」「ヲヒラテシケノホリ」と記している。

 山名の由来が、山のウワナリ伝説で知られる。嫉妬に狂った女山の投げた槍が逸れた山と言うものである。他にも説がある。

〔1〕op ta tes -ke[槍・に・([擬態]反ることを表す動詞語根)・(擬音や擬態、中でも主に擬態の語根やその重複形について自動詞をつくる)]
〔2〕op ta tes -ke[槍・に・([擬態]すべることを表す動詞語根)・(擬音や擬態、中でも主に擬態の語根やその重複形について自動詞をつくる)]
〔3〕op ta tes -ke[槍・で・(長く(遠くまで)続いているもの/ところ(?)を指す名詞語根)・(名詞や名詞語根に接尾して自動詞をつくる「〜をつくる」)]

 taは、その前に場所・時間的位置を要求するが、opは場所でも時間的位置でもないので、これらの解釈は文法的に成り立たない。ウワナリ伝説は〔2〕の解釈である。〔3〕は十勝岳連峰の槍のように鋭い山々が長く続いている様子を指していると言われる。だが、道内の他のオプタテシケの山は単峰であって、連なっていない。〔1〕は、槍を突きつけられてのけぞる人の姿を想像してしまう。山の姿を形容している解釈と言えたのかどうか。

 オプタテシケの指している場所にも問題があって、現在は十勝岳連峰の北端に近い一峰に「オプタテシケ山」の名が与えられるが、松浦武四郎の記録では十勝岳連峰全体を指しているようにも読める。明治時代には美瑛岳付近を「西ヲプタテシケ山」、トムラウシ山付近を「東ヲプタテシケ山」とされたこともあった。永田地名解の「松浦図ニ石狩岳トアルハ井(ママ)ナリト云フ」より、松浦武四郎が東西蝦夷山川地理取調日誌で「石狩ノタツカウシノポリ」とし、東西蝦夷山川地理取調図で「石狩岳」とした、大雪山旭岳が東オプタテシケであったようにも思われる。

 永田地名解には「イワウヌプリ」の項に、「高橋図ニ西『オプタテシケ』トアリ」とあり、明治の輯製20万図の「西ヲプタテシケ山」はこれを参考にしたと思われるが、この西ヲプタテシケの載る「高橋図」を確認できていない。

 「槍がそれる」と言う解釈と、それに纏わる伝説は音が似ていたゆえに〔2〕と解釈され、伝説が形作られたもので、元は似た音でその地形の様を指していたのではないかと考える。オプタテシケの名を受ける山は大雪・十勝連峰の他にもあって、屈斜路湖傍のオプタテシケヌプリ(雄武建山)は単独峰で連なっていない。温根湯の北見富士もオプタテシケだと言うが、単独峰である。いずれも近世の記録は見ていない。

 op tari uske[槍・を持ち上げる・ところ]の転訛などを考えてみる。日本語だとr とd には位置の近似から相通がある。松浦武四郎は安政5年の紀行で網走湖に注ぐトマップ川を「トウマフは山え道が有ると云儀。」と記しているので、ru oma p[道・そこにある・もの]の転訛であったと思われ、アイヌ語でもr とt/d には位置の近似から相通があったのではないかと考えられる。アイヌ語の旧記では母音が並ぶとどちらかが追い出されることがあるので、op tari uskeが「オプタティシケ」のように聞かれたとは考えられる。だが、山が鋭いとはいえ、山をop(槍)で例えた例を知らない。

 オプタテシケの最後の音は本当にケであったのだろうか。屈斜路湖近くのニタトルシベであった山はニタトルシュケ山となった。山田秀三(1984)は「北海道の地名」の「下方」の項で、「地名ではp→kの訛りは道内各地で見られる」と記している。オプタテシケもオプタテシペであったと考えると、どうであろうか。アイヌ語ではt の前のp の音は同化してt で発音されるのでop ta tes -keでも”ottateske”と発音される。近藤重蔵の記録などはそうした音韻転訛の結果のようでもあるが、k やr の音もt の前ではt に変化する。オッタテシケで、ウワナリ伝説が後から作られたものならop ta tes -keも思いつかれるわけだが、opの代わりにokorが入ることも考えられる。

 o- pitar us pe[その尻(山裾)に・小石川原/砂原・がついている・もの]の転訛かと考えてみる。十勝岳連峰の山は新しい火山で、樹林やハイマツなどで覆われるはずの山膚が山裾まで岩礫帯である。新冠川支流のアプカシャンペ川はapka o- san pe[牡鹿・そこに・下る・もの]などと説かれるが、牡鹿が下るのがその沢で特別顕著であったとは考えがたい。アブカシャンペ川は新冠川対岸のアパオイ(apa o -i[入口・ある・処])に向かって下っている沢なのでapa ko- san pe[入口・に向かって・下る・沢]の転訛であったと考える。これと同様にo- pitar us peでも第2音節の母音が落ちることは考えられるのではないか。だが、北見富士と雄武建山の山裾は樹林で覆われてpitarではない。北見富士は無加川、雄武建山は釧路川の傍にあるので、山裾の川原に小石川原があったかなどと考えてみるが、航空写真(国土地理院)や衛星写真(GoogleEarth)を見ても、無加川や釧路川に小石川原の様子はない。

 松浦武四郎の安政5年に残した記録の「ヲフラーテシキ」の音からo- hura at -te us pe[その下の端の方(山裾)に・におい・ある・させる・いつもする・もの]かと考えてみる。或いはo- hura at -te uske[その下の端の方(山裾)に・におい・ある・させる・ところ]か。後者の方が伝えられた音に即している。「その裾ににおいがする」ではなく「その裾ににおいを漂わせる」と考える。松浦武四郎は「ヲフタテシケ」や「ヲツタテシケ」の音を知っていたのに敢えて「オフラーテシキ」の音を記している。後の一般向けのアレンジされた十勝日誌でも「ヲフラテシキ」と記しているので、アイヌの古老に聞けた「オフラテシキ」をその本来の音と考えていたのではないかと推測する。十勝岳は中腹で火山ガスを噴出しており、山裾ににおいを出しているものではある。大雪山旭岳も姿見池の辺りから火山ガスを出している。だが、遠方より見てにおいが分かるわけではないので、地名として成り立つかどうか。また、北見富士は火山ではなく、雄武建山は火山帯にあるが山裾に噴気口は知られていないようだ。

参考文献
東京大学史料編纂所,大日本近世史料12-3 近藤重蔵蝦夷地関係史料,東京大学史料編纂所,1989.
松浦武四郎,高倉新一郎,竹四郎廻浦日記 上,北海道出版企画センター,1978.
松浦武四郎,高倉新一郎,竹四郎廻浦日記 下,北海道出版企画センター,1978.
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 上,北海道出版企画センター,1985.
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 下,北海道出版企画センター,1985.
山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.
村上啓司,北海道の山の名5 十勝岳連峯,pp73-75,129,林,北海道林務部,1962.
幕末・明治日本国勢地図 輯製二十万分一図集成,柏書房,1983.
田村すず子,アイヌ語沙流方言辞典,草風館,1996.
中川裕,アイヌ語千歳方言辞典,草風館,1995.
永田方正,初版 北海道蝦夷語地名解,草風館,1984.
松浦武四郎,東西蝦夷山川地理取調図,アイヌ語地名資料集成,佐々木利和,山田秀三,北海道出版企画センター,1988.
北海道庁地理課,北海道実測切図「屈斜路」図幅,北海道庁,1895.
更科源蔵,アイヌ:歴史と民俗(教養デラックス),社会思想社,1968.
金田一京助,増補 国語音韻論,刀江書院,1935.
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 中,北海道出版企画センター,1985.
知里真志保,アイヌ語入門,北海道出版企画センター,2004.
松浦武四郎,吉田武三,松浦武四郎紀行集 下,冨山房,1977.



トップページへ

 資料室へ 

 山名考へ 
(2016年9月28日上梓)