中島権現岳(647m)・中島権現滝(旧千尋の滝)

 中島権現岳は琵琶状になった安房川中流の屈曲部にそびえる鋭鋒である。見る角度によっては包丁のように横幅が広くなることもある。かつては安房の「前岳」として岳参りで登られたりもしたようだが、トロッコ道に有刺鉄線の張られるようになってからはヤブ山である。

 中島権現滝はその直下にある大滝で、優美な女性が踊っているような美しい滝で、千尋の滝ともいう。同じ名の鯛之川の千尋滝を凌ぐ規模でまた違った趣がある滝だが、こちらも有刺鉄線が張られている関係で一般にはそれほど知られていないが、これほどの滝が一企業の都合で見ることすら出来ないと言うのはおかしな気もするので紹介する。旧千尋の滝と呼ばれることもある。



★中島権現岳へ

なかじまごんげんだけのちず 縄文杉に向う人々の車の多く停められた荒川口をあとに、トロッコ道を歩く。すぐ縄文杉方向と別れて右の橋でない方に入る。すぐ有刺鉄線のゲートがあり、立入禁止の旨が書かれているがゲートの脇には人が通れるほどの穴が有刺鉄線に開けられており通行できる。道沿いにはヘツカリンドウが多い。水を汲める流れもある。

 まもなく木の間越しに中島権現岳が見え、10分ほど歩くとトンネルが現れるので左の林に入っていく。

 何となく水平に踏み跡のようなものがあるような気がするが、途中で行止りである。登りは稜線に忠実にヤブを漕いだ方がよいのではないか。登山靴のフリクションがギリギリな岩場もあるが、つかまる木はある。目印テープなどは全くない。最後に1mほどつかむ木のない傾斜のゆるい岩場を登ると山頂である。足元には安房川の太い流れが岩を噛む様が見え、北東方向は一段低くなった稜線が包丁の刃のように延びている。太忠岳の天柱石はここから望むと、親指ではなく中指となる。山頂にもサルの糞が落ちていた。中島権現の「中島」とは、琵琶状に三方を川に囲まれていることから「中島」と呼ばれるようになったそうな。

 下山時は直下の岩場だけ注意して、あとは昔の踏み跡のようなものを見つけることができた。下りるほどに不明瞭になるが、下の方は林床がきれいで傾斜もゆるく、どこでも歩ける。


★中島権現滝(千尋滝)へ


宿舎跡から見た中島権現岳

 トンネルをくぐり少し行くとトロッコの交換所があり、コンクリの建物が現れる。この建物は中島権現岳山頂からも見える。屋久島電工か営林署の宿舎跡であろう。ドアは鍵がかけられているが引き戸は開けられるようになっており気味が悪いのが平気であれば、中に入って雨風はしのげる。屋上は中島権現岳の展望がよい。建物の周りはゴミが多い。何で昔の人はこんなにゴミを捨てたのだか・・・。

 建物の脇の階段を伝って地面に下り、回りこんで川に延びる尾根上の索道跡の脇を下りていく。コンクリの階段で、ヤブが掛っているような事はなくわかりやすいが、コンクリは屋久島の花崗岩より滑りやすいので注意を要する。苔むして滑りやすい。

 449の鞍部で道はT字路になっていて右に入る。左は貯水場のようなところに至っている。右に入るとしばらくは気持ちのよい樹林の中の道であるが、足元はやはりコンクリで滑りやすい。途中から発電所の導水管に沿うことになり開ける。ナチシダやヘゴが茂っており、南洋っぽい。木苺の花も多かった。

 川岸に下り立つと突然、中島権現滝が見える。大きさのわりに音の小さい滝だ。正面には大きな発電所の建物があり、そのあたりまで歩くと、一歩一歩滝の姿が変わっていく。このあたりはヒルが多いようだ。4月だったが何匹も見かけた。発電所の資材運び込みはこの道を使用するのでなく、尾立ダムからトンネルとケーブルカーで行われているようである。しかし点検程度は定かではない。これらのダムに屋久島中の電力がかかっているので、迷惑をかけて有刺鉄線の穴がふさがれない様に、いたずらは絶対やめましょう。

 また、この滝の水は発電に取られて渇水期にはほとんどないことがあるのかもしれない。いくつか事前に見ていた写真には、全く水の流れていない写真があった。


横から見た中島権現滝
魚道のような自然の造形に驚かされる
→正面から見た中島権現滝
もっと上にも続いているのがわかる



ヤクスギランド方面に向う道路から愛子岳方面を眺めると、その下に分かりにくいが、中島権現岳を見ることが出来る

山頂のスミレ


トップページへ

 資料室へ 
(2003年4月17日上梓)