永田岳の位置の地図

永田岳(1886m)

 屋久島第二の高峰である奥岳でありながら、山麓(永田集落)から望むことが出来る。よく「宮之浦岳の女性的な美しさに対して男性的な」と語られるが、近くで見ると男女云々以前に人間的でない山容だと思う。宮之浦岳とて露岩のあばたで決して女性が目標にしたいタイプではないと思うのだが・・・。このページでは宮之浦岳からの縦走路と、西側の鹿之沢小屋からの登山道を扱います。鹿之沢小屋までの花山歩道についてはこちら。永田歩道はまだ歩いたことがありません。第四ピークである「ネマチ」にも登ってみたい。



永田岳-焼野三叉路(宮之浦岳・縄文杉方面)間縦走路

 1997年には、深い雨裂に笹がかぶり、鹿道と区別のつかない状態だったが、2002年10月には雨裂の外側に新たに刈り分けがなされ、わかりやすくなっていた。でも登山道幅の拡大ってオーバーユースの典型でないのか?ヤブに隠された古い雨裂に落ちて怪我しないように注意を要する。途中に水を汲める所はある。

 このルートの途中でモグラが盛り上げた土の高まりを見かけたことがある。元々すぐ下が岩盤な上に、雨が多くて土も流れやすくて薄い土壌だろうによく頑張って生きていると思った。また、ミミズも見た。白い花崗岩のマサをそのまま映したようなピンクのミミズを美しいと思った。


鹿之沢小屋からの登山道(下り情報)

 永田岳を後にして見晴らしの良い笹原の道を下っていく。上部では道はほとんど荒れているということはない。中ほど、「前野」と呼ばれるローソク岩がよく見える平坦地の先で、踏み跡は露岩にまっすぐ続くが「この先行止り」の看板があり、露岩の先には踏み跡がない。 

 道は看板の手前で左の崖を下りて下に続いているのだが分かりにくい。ここから下、雨裂が大きくなり、荒れている雰囲気になるが、ヤブがかぶっていると言うようなことはない。化粧岩屋は鹿之沢小屋のすぐ上にあるらしいので注意していたが全くわからなかった。

 永田集落から見た永田岳の写真はこちらをご覧下さい。



トップページへ

 資料室へ 
(2004年3月20日上梓)