栗生歩道の位置の地図栗生歩道・ビャクダンガ峰・大洞杉・お谷ヶ滝 (屋久島)

 屋久島の南西端の集落・栗生から奥岳に上がる道。湯泊歩道のように顕著なピークも途中になく、花山歩道のように原生自然環境保全地域に延々と接し続けていると言うこともないけれど、屋久島らしい苔と大木の続く感じのいい道であった。国土地理院地形図や昭文社の「山と高原地図」に記載されているものの、一時は利用者の少ないこともあってヤブが生い茂り廃道寸前になっていたが、2004年に観光協会によって環境省グリーンワーカー事業を受けて再整備され、歩きやすい道が復活した。

 「山と高原地図」では1130mの黒味林道交差点より下部は林道を使用するように記載されているが、現在この黒味林道は営林の役割を終えて、荒れて乗用車どころか歩行もままならないらしい。交差点より下部も450m地点まで歩道が再整備されたので歩いて辿れる。ここまでは林道もマイカーが問題なく通れる。



ページ内ジャンプ


★花之江河--黒味林道との交差点(標高約1130m)
参考時間・・・花之江河-0:35-ビャクダンガ峰-0:40-遠望石-1:15-黒味林道1130m(交差点)

くりおほどうのちず1くりおほどうのちず2

 下りで利用したので下りながら紹介する。2004年再整備ということで基本的にかぶるヤブはなく、道を塞ぐ大きな倒木にもほとんど目印テープがつけられていた。ただ一たび台風が来れば新たな倒木は生じるわけで、利用者の少ない道だけにルートファインディングの能力をもって歩く道であることは自覚すべし。目印テープはやや少なめ。

 花之江河から西へ、湯泊・栗生方面へ道をとる。道は新しい階段などもありよく整備されている。すぐに湯泊歩道との分岐に達する。再整備のより新しい栗生歩道の方が広くなっている。

 道は緩やかに登り、最高点付近を通過する。最高点付近は道の両側に10mほど離れて巨岩がある。巨岩までは両側とも踏み跡があるが、誤って進入しないように入口付近には小枝が積んであった。北側の巨岩は登れないが雨宿りが出来そうだ。南側の巨岩は登れるが巨岩自体が最高点ではない。黒味岳の展望が開ける。昭文社の「山と高原地図」には黒味岳周辺に「西黒味岳」、「東黒味岳」が記入してあるが、淀川口から宮之浦岳を登っている限りでは、どこが西黒味岳、東黒味岳かよくわからなかったが、ここから眺めると西黒味岳、東黒味岳とも名前が付けられた事にうなづかされる姿である。

 頻繁に現れる小さめの屋久杉を眺めながら最高点から下がっていくと、一旦小さく露岩の上を歩き、更にシャクナゲの森を下っていくと10個以上と思われる割れた巨岩が散乱する小さなコブがある。栗生の岳参りの古老の話に登場するという「ビャクダンガ峰」と思われる。正式にはまだビャクダンガ峰がここと断定されているわけではないようだが、当HPではここをビャクダンガ峰としておく。ビャクダンガ峰は地図上では顕著なピークではないが巨岩が多数存在し、雨宿りも出来、何となく神聖な雰囲気を感じた。古い焚き火跡とガラス瓶の破片が見られた。ここも巨岩は歩道から10mほど離れていて踏み跡の入口はややわかりにくい。メインの巨岩には登れないが手前の少し小さな岩には登ることが出来て黒味岳方面を望むことが出来る。巨岩の下から本高盤岳(トーフ岩)も見えるが豆腐には見えず、鋭鋒となる。


最高点付近から西黒味岳

最高点付近から見下ろすビャクダンガ峰

本高盤岳(トーフ岩)

ビャクダンガ峰巨岩近景

 ビャクダンガ峰を後にすると屋久島らしいスッキリした杉を中心とした巨木の森が続くようになる。かなり長く雰囲気の良い森が続く。斜度も適当で非常に歩きやすく、雰囲気の良い森が花山歩道より長く続くような気がした。

 時折、きれいに磨かれた丸太の階段がある。滑りやすく歩く分にはあまり歓迎できるものではないが、たかだか戦後・高度成長期以降ではあろうけれど、この階段が整備された後、久しく人が殆ど歩かず、2004年に再整備で刈払いが行われるまで日の目を見ていなかったかと思うと「よくぞ残っていてくれた」と声を掛けたくなる。植物の名前を示す看板もまた然りである。

 道の東側にはメンガクボの盆地が広がっているはずだが、樹林に遮られて雰囲気もわからない。


遠望石より七五岳北壁

 遠望石に着くと高さ400mと言われる一枚岩の七五岳北壁が見えるが真南にあたるので、逆光になり岩は黒っぽくしか見えないのが残念である。「遠望石」の名は赤星昌著「屋久島」にのみ、その名が現れ昭文社「山と高原地図」では「露岩の展望台」としてだけ記されているが、久しく誰も登らなかったのであろうか、露岩の上には潅木が生い茂っている。標識の類も全くなく、岩の上にあがる為の踏み跡なども見られなかった。また、「遠望」と名は付いているが、七五岳方面の南側しか望めない。すぐ傍にツガの大木がある。

 少しだけやや急な斜面を下りてまもなく花之江河を出てから最初の水場を渡る。シシノ川である。その先、両側に穏やかな沢の風景を望む細い尾根上の歩いたりして標高を下げていく。この細尾根上から眺める特に右側の沢は花崗岩の風化して出来た白砂の浜と苔と木々の緑が非常に良いコントラストをなして美しい。1280m付近では尾根の南側をトラバースし再び七五岳が見える。

 この後、北側の展望が木の間越しに見え出す。宮之浦岳の山頂が見えているのにはちょっと驚いたが、地図を改めて見直すと見えていてもおかしくない。なかなか写真を撮るほどすっきりと望めないが、黒味林道との交差点に下りる直前に小楊子川右股の源流域の最奥に宮之浦岳と翁岳がちょこんと並んでいるのを望める展望台(?)がある。


遠望石はこんな感じ

木の間越しの宮之浦岳

 黒味林道は下手方面は路盤にまで杉の若木が茂り、久しく通行されていない姿である。登山口を示す看板には、ここから花之江河まで120分と書いてあった。2004年の昭文社「山と高原地図」では倍以上の270分掛かるとされている部分がである。モッチョム岳の古い看板の所要時間も大いに疑問を感じるものがあったが、この辺はどういう経緯でこういう記述になったのだろうか?

 昭和50年代以降、黒味林道が使えた頃はここが登山口となり、ここより下部の栗生歩道は廃道になっていたという。


登山道(花之江河へ)の入口

いやはや・・・

黒味林道の様子


栗生歩道の地図★黒味林道との交差点(標高約1130m)--登山口(標高約450m)
参考時間・・・黒味林道1130m(交差点)-0:05-大洞杉(山林官舎跡)-0:40-ミヤコダラ広場-1:20-黒味林道450m(登山口)

 黒味林道を横断して栗生歩道の下部へ歩みを続ける。入口は植林された杉の若木の茂みに開けられた穴状でパッとしないが、一旦入ってみると苔生した自然林で決して悪いものではない。二次林であるとは思うのだが、地図に記載された黒味林道の存在から一面に杉が植林された森を想像していたので驚いた。

 5分ほどで大洞杉に達する。大洞杉は横たわった巨大な屋久杉倒木で、上部は鋸で切り取られている。下で雨宿りが出来るほど大きなものである。すっかり苔生している。周囲には石垣や整地された跡、古いガラス瓶の破片などが落ちていて、これが昔の地図にある「山林官舎」の跡であろう。

 この先、地形図の登山道の記載とは栗生歩道の位置は少し異なっている。大洞杉の先、水場となる小沢(湧き水あり)を横断して少し登り、斜面を水平にトラバースしていく。

 道は一度は廃道扱いされていたとは思えないほど馴染んでいる。照葉樹林下では踏み跡というものは残りやすいらしい。林道や山林官舎があったにしては途中に様々な種の巨木もありいい雰囲気だ。ただ尾根上だけが自然林として残されて、その中を歩いているだけの可能性も否定はできないが。石積みの小沢の樋などを見かけると昔から大事にされてきた道なのだろうなと感じる。


登山道(登山口へ)の入口

森の様子

ヒメシャラの大木

大洞杉

 標高1000m付近で2度ほど近接して森が開け整地され、幕営に適した場所が現れる。下手のものが「ミヤコダラ広場」で、すぐ傍に小沢が流れていて水を得ることが出来るが、上手の広場の方が乾いた感じで幕営するには快適そうだった。

 まもなく道はそれまでの緩やかな傾斜から降下を始める。森は尾根状の乾いた雰囲気となり、細い低木が多くなる。標高が下がるにつれて踏み跡と目印テープがかみ合わず、踏み跡が錯綜しているように感じる箇所が出てくるようになる。もともと踏み跡=登山道と言っても弱いもので、何度もあった廃道の危機ごとに新しく踏み跡が作られて輻輳していったのだろう。今、歩くとなっては注意を要するがそれほど道自体から離れてしまう可能性は少ないのではあるまいか。


登山口の様子

林道はこんなに立派

 標高700mを下回ると森の中は照葉樹林の樹冠ですっかり暗くなる。足元のシダも何となく南洋っぽく感じるようになり、クワズイモの輝く葉が見られるようになるとまもなく登山口に下り立つ。登山口は何の標識もない目印テープが下がるだけの薄暗い箇所で、周りの森と全く区別がつかず、ここから登り始めるには慎重に入口を探さなければなるまい。出来れば小さなものでいいから登山口を示す恒久的な看板か杭を立ててもらえればと思う。

 本来の栗生歩道はここでも黒味林道を横断して更に下降し、標高350m付近でフンドノ川を渡渉し、黒味川右岸の尾根に乗って栗生集落に続いていたという。明瞭な踏み跡が残っていたら辿ってみるのも面白いかも・・・と考えていたが、登山口周辺を観察する限りでは自分には全く旧栗生歩道の痕跡は見つけることが出来ず、諦めて林道を栗生まで下山することにした。フンドノって何だろう・・・?


栗生・黒味林道の地図★登山口--お谷ヶ滝--栗生
参考時間・・・黒味林道450m(登山口)-1:05-お谷ヶ滝-0:45-栗生集落 


栗生の展望

 黒味林道は登山口辺りでは現役らしく、幅も広くよく整備され、新しい轍も見られた。すぐに栗生の町を眼下に見下ろす展望の良い場所を通る。ここはどうもそれなりに多くの人が来るようで路肩から3mほど登る手頃な高台には踏み跡が見られた。

 この先、地形図ではヘアピンカーブで林道をショートカットする歩道が記載されているが、この道の痕跡も見つけることは出来なかった。一帯は杉の植林で林床にはクワズイモが茂っている。

 標高180m付近に2003年にはあった林道のゲートは撤去されたらしい。

 標高160m付近、地図上、小楊子ヶ峰のちょうど対岸付近で小楊枝川から滝の音が聞えてくる。「お谷ヶ滝」である。林道から適当にヤブを下りていくと滝を見られるわけだが慌てて下りていってはいけない。お谷ヶ滝の上部は高いスラブ壁に囲まれた険悪な様相をしており、下手に降りようとするとかなり危険だ。滝の音がやや後方になってからが下り時である。下り頃を間違えなければヤブを掴んで川岸まで下り立てる。ワタシは慌てて下りて下り立てず、林道に登り返して30分大汗かいてロスした。


お谷ヶ滝

 お谷ヶ滝は5段30mのイナヅマ型にはじけた水流の巨大なナメ滝である。写真にしてしまうとなかなか大きさが表現できないが、かなり大きい。栗生集落の人に昔から親しまれていたそうな。

 お谷ヶ滝から栗生へは林道へ登り返さなくても、小楊子川の左岸に明瞭な踏み跡が小楊枝川橋まで続いている。途中の林内には石垣の詰まれた場所があり、人家か畑があったようだが、すっかり原野に戻ってしまったようだ。最後、少しだけ斜面をトラバースする杣道のような形となり小楊枝川橋の袂に下り立つ。小楊枝川橋はまだ地形図に記載されていないが屋久町石楠花の森公園の裏口に至る道で、舗装された車道である。

 犬小屋の多い柑橘類の畑に囲まれた道路をのんびり歩いて栗生の町に達する。



トップページへ

 資料室へ 
(2005年10月26日上梓)