御嶽山 黒沢コース下部旧道(松尾滝〜中の湯)

 黒沢道は六合目の中の湯まで車道が通じ、七合目まで御岳ロープウェイが通じているが、昔はそこまでも当然自分の足で登られた。昔は王滝からの登路も屋敷野で黒沢からの道と合流して現在の黒沢道に近いルートだったと言う。車道開通前の黒沢からの道は一本と言うわけではなく、何度も切り替えられたり、登りと下りでも分かれていたりしていたようで、現在(2013年)の地形図に記されている旧道はその歩かれた昭和40年代頃の中の湯までの車道の開通前の最後のものの一つに過ぎないが辿ってみた。


松尾滝〜正小屋の地図★松尾滝〜八海山小屋

 松尾滝は黒沢の常住最奥の霊神場で、現在の車道沿いの合数の数え方では三合半と四合目の間にあたるが、昔は四合目とみなされていた事もあった、文久年間に作られた人工の滝である。車道から松尾滝の参道の階段を登って、滝のすぐ下で左に入るのが旧道である。左に入ってもしばらく霊神碑が続く。急な参道の階段を避けて松尾滝の右手から車道の法面工事の上を緩やかに登る道もある。或はそちらも旧道の一部であったのかもしれない。

 しばし水平に進むと山手側上方に大きな岩窟があり、そこも霊神場になっている。この岩窟までは草刈などがされている。この岩窟の岩の左を登る。岩の上から西側に更に登る。山肌は急斜面だが掘り込まれてよく曲げられた歩き易い道である。小さな尾根を一つ回りこむと尾根の鼻の上に立岩と霊神場がある。この立岩などは昔は何か名前があったのではなかろうか。

 立岩を過ぎて西側のクボに入って東に向きを変え、同じ尾根をもう一段上がったところに鳥居の跡と鳥居の柱の間に一つ霊神碑があった。道の真ん中に霊神碑があるということになるのだが、すぐ左上手の小規模な霊神場からどう滑ったのか移動してきてしまっていたらしい。この鳥居跡からしばし稜線のすぐ脇を進む事になる。鳥居跡まで入り組んだ急斜面でそれほどのヤブでは無かったが、稜線上に出て熊笹のヤブがやや濃くなる。広く平坦な尾根が終る所の道の両側に霊神場があった。この辺りの霊神碑は霊神号でなく行者号であったり、入山に丸に氷文字の御嶽山のマークであったり、自然石のものがあったり古い霊神場のようである。


岩屋の霊神場

道の脇に立岩

鳥居跡
真ん中に霊神碑
左の木は鳥居の柱の跡
右の石は台石の跡

唐松の道

 左に山の斜面を登っていく。標高1250mで山の鼻を一つ回り込んでしばし水平道である。唐松と水楢の林である。水の無い小沢を木橋で渡ると車道に飛び出る。車道に出ると「正小屋」のバス停があるが小屋などは無かった。

 正小屋のバス停の前で車道を渡る。車道から200m程先の霊神場まで刈分けされていた。霊神場は幾つか道の右側(山手側)に連なっていて、下手の霊神場には新しい納骨堂などの建物もあった。200m程奥の霊神場の前からまた笹薮の道となる。この先の地形図にある細かい道は別荘地の分譲の跡のようだが、建物は下手寄りに一棟見えただけだった。それも別荘だったのかどうか分からない。分譲地の中の道は一部はアスファルト舗装もされていたようだが、アスファルトの上まで草が生えている。標高1380mで分譲地を出るが、ここから標高1450mまでは、路盤はよく残っているが猛烈な笹薮である。分譲地のすぐ上手右側にはやや大きな霊神場があり、上手の車道側に鳥居があるが、霊神碑はどれも下手の旧道の方を向いている。標高1450mまでの間に更に幾つか右側に霊神場があるが、いずれも上手の車道側に入口はあっても霊神碑は全て下手の旧道の方を向いている。標高1450mの車道に上がる地点は車道の路盤に埋められて不明瞭である。

 標高1450mで車道に上がり、ヘアピンカーブを一つ右へ曲ってすぐに左手に旧道の分岐がある。ヘアピンカーブのところから白川に下りる林道跡もあるが、それとは別である。100m程先の霊神場まで刈分けされていた。刈分けされている間の右手に幾つか霊神場があった。敷地は広く取られているが霊神碑が少ししか並んでいない霊神場もあった。一帯は唐松林で100m程先の霊神場の前から笹薮の道となるが標高1380〜1450mの間ほど笹薮は濃くなかった。唐松林が途切れて右手頭上に構造物が見えてくると八海山小屋の直下である。樹冠が切れているのでヤブが濃くなるが短い。八海山小屋の裏手でアスファルト道に出る。アスファルト道を戻るように辿ると八海山の霊神場である。木曽駒方面の展望地で、振り返れば御嶽山の山頂も見える。小屋の右手の霊神場の一角に霊神碑その他に囲まれた岩場があり、八海山御神水と言う雫が落ちていた。御神水の右手に駐車場があり、更に100m程アスファルト道を東へ緩く登るとバス道に出る。車道の五合目で、八海山のバス停がある。


正小屋バス停

唐松林の道
次第に笹藪に覆われた
部分が増える

八海山

八海山から木曽駒方面を望む

八海山付近の地図★八海山小屋〜中の湯

 八海山小屋の裏手から更に野道を登る。少し上に霊神場があり、そこまでは刈分けられていたが、そこから車道までの100m程はまた笹薮の道であった。車道に合流する所ではガードレールに隙間があった。御嶽三社神社までは車道を辿る。

 御嶽三社神社の辺りで、昔は倉本からの登山道が合流していたようだ。御嶽三社神社から千本松見晴山荘を挟んで五合半の石柱までは、地形図では稜線の北側に、稜線側に法面を以って記されているが道の跡を見つけられなかったので車道を辿った。開田の西野と乗鞍岳の見晴らしがある千本松見晴山荘は閉まっていた。御岳ロープウェイの鹿瀬駅も見える。見晴山荘の上手の霊神場は霊神碑が車道を向いていた。御嶽三社神社から五合半の石柱までの旧道は本当に車道より北側の地形図の位置にあったのだろうか。

 五合半の石柱から中の湯の駐車場までは通して刈分けられていた。1731.0mの三角点のすぐ東の位置に三笠山神社があり、そこまではよく整備された遊歩道のような道であった。道の右手(北側)は唐松の植林で明るく、左手は自然林のようだが針葉樹が多く暗い。「千本松原」の名は、旱魃の際に唐松を千本植えよと言うお告げに従ってカラマツを千本植えた事に因むと言う。見られるカラマツは若木であった。三笠山の直下がやや急斜面であるが丁寧にジグザグの切られた歩き易い道である。三笠山には社と霊神場と崩れた小屋とベンチがあった。

 三笠山神社の先の道は平坦な台地の上のクロベの森となる。ごく緩い起伏の最高点に白川神社がある。鳥居と石碑などがあるが社はなかった。周りに笹薮が茂っているが御嶽山頂が望め、南側が切れ落ちている雰囲気がある。西のノゾキというのはこの辺りか。一旦緩く少し下ってまた登りになる。全体的に緩やかな広い尾根だが、その中でも急な斜面では丁寧にジグザグを切って掘り込まれた歩き易い道である。大体稜線上だが一部で尾根の北側の横手道である。コメツガが見られるようになる。横木を敷いた中の湯より上と似たような道になると、まもなく広い中の湯の駐車場に飛び出す。


御嶽三社大神

千本松見晴山荘

乗鞍岳の見晴らし

唐松の道

三笠山神社

白川大神

コメツガが現れる

中の湯駐車場

三笠山・白川神社付近の地図

参考文献
生駒勘七,御嶽の信仰と登山の歴史,第一法規出版,1988.



トップページへ

 資料室へ 

御嶽山メインへ
(2014年7月27日上梓)