八久保峠 合戸峠 (御嶽街道)
やくぼとうげ あいどとうげ

 福島宿から黒沢を経て御嶽山へ巡礼する道。戦中の巡礼者が減少する頃まで使われ続けた道であるという。

★行人橋歩道橋〜旧八久保峠〜下中沢

八久保峠地図 福島宿の行人橋(ぎょうにんばし)が御嶽街道の起点だというので、木曽福島の行人橋歩道橋からスタート。行人橋は今の車道の橋ではなく少し木曽川の上流側の行人橋歩道橋が元の位置だという。行人橋歩道橋は昔風を模した橋である。木曽川の対岸に崖屋造りの家々を眺めながめて進むとすぐに車道の行人橋。西光寺集落を過ぎて木曽川が迫った辺りが「ゴウヤ」らしい。木曽の方言で石のゴロゴロした所をゴウヤと呼ぶという。ゴウヤは山手側がゴーロだったが、ゴウヤのゴーロは防災工事で昔の面影はなくなったという。ゴーロの斜面は見られなかった。


行人橋歩道橋

車道の行人橋

 左手に児野(ちごの)地区の人家を見下ろし、児野沢(ちごのさわ)を渡る。二箇所ほど水が汲めるようになっていた。道が右にひょいと曲がると道の二俣の中央に鳥居と小さな社のある御影堂(おえど)。小さなお社に普ェ行者の高弟であった順明行者霊神像が祀られている。昔は「追戸」と書かれていたといい、水谷豊文の文化7(1810)年の木曽採薬記の日記に「ヲイド」とあり、同岩郷の地誌の里程と地図に「ヲヱド」とあり(木曽採薬記の地誌の里程と地図は別の資料から写したもののようである)、明治2(1870)年の黒沢村と王滝村の当地での鳥居建設の争いの和解書で「尾恵渡」と書かれているから、「おえど」はお堂の事ではなく「おひど」で追分(おいわけ)などと同じ道の分岐点を指す地名ではなかったか。「おひ」の部分の意味はよく分からない。駄馬を左右に追い分けるというのは違うと思う。出合うも分かれるもある「合ひ分け(あひわけ)」、出合う所の「合ひ処(あひど)」の転か。

 御影堂を右に入るのが黒沢道で、左が王滝道である。右に入る。すぐにヘアピンカーブがあるが、このカーブを曲がらないで直進する旧道の跡があるのでこれに入る。旧道跡はずっと林道の下に続いているが一部で林道の基礎に埋もれている。地形図で八久保峠のある林道の峠の直下から更に南にトラバースを続け、林道の八久保峠の200mほど南方で尾根を乗り越す旧八久保峠となっている。旧八久保峠は西側の林道から来た作業道が南への尾根線上へ連なる所に東側からトラバースの王滝道と御室から上がってきたと思われる谷道が合わさる四叉路になっている。王滝道旧八久保峠の旧道の西側は作業道に被さられているが、50mほど下った所で分岐している。


御影堂

旧道に入る

旧道

旧道

 南へ延びる赤松の多い作業道は清見山の川合権現に続いている。約600m先の緩やかな尾根の鼻の先の小山が清見山で、山頂に川合権現があり霊神碑が多く建っている。昔は木曽福島の街がよく展望出来たようだが、今は樹林に覆われて殆ど見えない。川合は木曽川本流と王滝川の「川合」のことかと思われるが川の合流していく様子も樹林に覆われてあまり見えない。御嶽山の遥拝所だったと言うから御嶽山も望めたのだろうが、樹林に覆われていて気がつかなかった。昭和初期まで寒参りの人々を集めたという。


旧八久保峠

赤松の尾根上の作業道

川合権現

 旧八久保峠を下った旧道は林道の下にほぼ平行して続いている。峠の東側と同じように林道の基礎に埋もれている所がある。また、ヤブが茂っている箇所がある。下中沢の集落が見えるようになると完全に林道の基礎に埋もれてしまい辿れなくなったので、林道へ這い上がった。下中沢集落を木の間越しに見下ろしながら中沢川沿いの道路に合流する。


★下中沢〜合戸峠〜黒沢

合戸峠地図1合戸峠地図2

 中沢川沿いの道に下りると下中沢の集落は既に後ろである。すぐに二十三夜などの石碑が並べられた所がある。中沢川沿いの車道は意外と急傾斜である。中沢憩の里公園、温水プール、クリーンセンターと大きな施設が続いて谷が次第に狭まってくる。この辺りに「とちのき」と言う地名があって、ここにあった茶屋はバス道が開通してから寂れたので、木曽福島駅前に移転して食堂兼お土産屋さんになったという。そう言えばそういう名前のお土産屋さんが木曽福島の駅前にあった。中沢川の対岸に石碑が見えたが何の石碑であったか確認していない。ぽつりと小さな霊神場があったりする。峡谷は小さいながら険しく、ヒンヤリとした空気が流れている。路側に残雪が目立ってくる。谷が多少広がって正面に上中沢の人家の気配を感じる辺りで左に入るのが合戸峠の登り口となる林道の入口である。標識などは何もなかった。


下中沢

中沢憩の里公園

温水プールと
クリーンセンター

 合戸峠への林道は幅は広いが殆ど使われていないようで、草むらとなっている部分もあった。谷が広く勾配の緩やかな道で、中沢川沿いの道の方がきつかったような気がしてしまう。それでも次第に谷が狭まってくる。右岸から左岸に移り、傾斜はそれほど加わらないまま、ポンと左手の尾根に岩の窓が開かれたようになっていて、尾根を乗っ越して地形図上の合戸峠である。右手からはまだ沢音がしている。岩の窓を抜けると林道のT字路になっていて明るいが、ここからは御嶽山は見えない。御嶽山が見える遥拝所は右手に600mほどトラバースしながら僅かに登った「尾鼻」にある。尾鼻の手前すぐまで林道が延びているが最後の100mほどは歩道である。尾鼻には遥拝所があって、鳥居の台石や石垣、霊神碑がある。ここで初めて御嶽山が見える。沢渡峠遥拝所と共に御嶽正面見である。後方にはやはり木の間越しだが木曽駒ヶ岳もよく見える。古人が注目した場所、登り切った地点という意味では地形図上の合戸峠よりは、尾鼻の遥拝所のある所の方が「合戸峠」の名に相応しいような気もする。地形的には尾根の撓んだ所である現地形図にあるところかもしれないが。

 生駒勘七・沢頭修自著「木曽の御岳(1974)」に遥拝所から「今は前面の木立が茂って御岳を望むことができないが、右手の山道をちょっと登ってみるとよい」と書かれていたので1109.1mの三角点「合戸峠」まで山道を登ってみたが、樹林が茂ってしまっており、寧ろ遥拝所からの方が御嶽山も木曽駒もよく見えた。


合戸峠への
林道に入る

地形図上の
合戸峠

合戸峠のT字路を
右へ

最後は林道が
切れる

合戸峠遥拝所

木曽駒ヶ岳

御嶽山

 黒沢へ下る。左手に深い谷を見ながら尾根の南斜面を緩やかに下る。尾根を回り込んで標高950m辺りで沢に下り付く。はじめは狭い沢の谷道で水流が道を洗っているが、次第に右岸の広いしっかりした道となる。黒沢の人家が見えてくると霊神碑が沢山建っている中を下りて黒沢の合戸地区に達する。合戸峠の名は合戸地区の名に依る。ここからアスファルト道を直進すると民家の上に御嶽山が見える。大泉寺の門前を通り、下手に木曽谷の各地に見られるという蒸籠造りの板倉を見下ろして黒沢の街のバス道に下りた。一帯には旅館が多い。すぐに御嶽山一合目の文字のある石碑のある一の鳥居である。鳥居の向こうに御嶽山がよく見える。


黒沢側は歩道が続く

沢沿いは荒れている

入口の霊神場

蒸籠造りの板蔵

御嶽山一合目

一合目から望む御嶽山

参考文献
生駒勘七,御嶽の信仰と登山の歴史,第一法規出版,1988.
生駒勘七・沢頭修自,木曽の御岳 ―御岳ガイド―,信濃路,1974.
水谷豊文,木曽採藥記 2巻,国立国会図書館蔵写本(特7-89)デジタル資料.
生駒勘七,御嶽の歴史,木曽御嶽本教,1966.
田中博,木曽・御嶽 わすれじの道紀行(爽BOOKS),風媒社,2008.



トップページへ

 資料室へ 

御嶽山メインへ
(2015年4月5日上梓)