有明山 神戸から
神戸原から

穂高有明から
有明山(2268.3m)

 有明山は北アルプスの、安曇野に面する大天井岳や燕岳の前山にあたる。前山と言ってもかなり急峻で高く、それなのに全山樹木で覆われ異色を放っている。カタチは富士型だが横から見ると薄く、屏風で作ったような富士型だ。戸放が岳/鳥放しが岳ともいったという。


★山名考

 屋久島の栗生の方言で、「山・畠のありかたをいうとき一番近い方をアラケ、遠い方をオクいう。オクノヤマ、アラケノヤマの語がある。」という。中央から遠い地で昔の言葉が残っていたということで、アラケやアリアケに近い音で昔は奥の反対の「手前」のような意味があったのではないだろうか。有明山は北アルプス奥山の手前の山である。九州南部などでは「あらけ」や近い音で、老人の隠居所に対して若夫婦の住む母屋や、台所と奥座敷との間にある部屋などと言った、奥に対して「手前」のニュアンスを含んでいそうな所を指すことがあるという。但し、直接「手前」の意味になりそうな「アラケ」/「アリアケ」を古語辞典等に辿れていない。

 千曲市の有明山も、屋代の市街地辺りから見て善光寺平に突き出した尾根の先にある「手前の山」のように思われる。対馬の有明山も、対馬の中心地の厳原の市街地から見て西に広がる山地の「手前の山」のように思われる。

 九州の有明海は、「ありあけ」は古い記録に見られないようだが、「前海(まえうみ)」と呼ばれていたという。佐賀県の辺りで前海物といえば有明海産の魚介類を指すという。「前浜」のような、単にその土地その土地の前の海ということではなく、橘湾や天草灘といった外海に対して、福岡県・佐賀県・熊本県北部から見ての「前」海であって、一部での呼称で古い記録に残らなかったか、江戸時代から明治頃に「前」を、九州では同義で残っていた「ありあけ」で言い換えたのが「ありあけ」の沖/海ではなかったかと考えてみる。

 有明湾の別名のある九州の志布志湾も、あまり古い「ありあけ」の記録はないようだが、千曲市の有明山のように手前に突き出した(引き込まれた)湾であるように思われる。

 「アラケ」や「アリアケ」などの音を知識人が記録する時に、和歌などにも用いられ、情緒のある言葉としてよく知られていた夜明けの頃を指す「有明(ありあけ)」の字にされたのでは無かったか。

 和歌などに用いられた夜明けの頃の「有明」も、月がまだ「有る明け」ではなく、ある程度明るくはなっているが、日が昇って本格的に明るくなる日中の「手前」だったのではないだろうかと考えてみる。陰暦十六夜以降の「月の『有り明け』」などとされるが、「月」が明示されていないのと、陰暦十六夜以降に限られない夜明けの頃で意で用いている複合語や用例があるのは、掛詞という技巧や技巧によって広がった意味を語源と誤認したということではないかという気がする。

 戸放が岳は、入口など指すトバクチなどと言う時のトバを用いた「トバ(戸・場かとされる)・ナシ(成(形作るもの))の岳」で、アラケと同様に手前にあることを言ったかと考えてみたが、鳥放しが岳も伝わるので、違うように思われる。戸放が「取り放し」の音便と捉えられて、「本来は」ということで生まれた呼び方が「とりはなし(鳥放し)が(の)岳」ではなかったかとも考えてみたが、「とりはなし」が約まって「とっぱなし」や「とばなし」「とはなし」などとなると考える方が自然な気がする。

 「鳥放し(とりはなし)が岳」は、北アルプスという連山にあって後方に連山が見えるのに独立峰のように見える有明山を、北アルプスの山々から取り分けて別々にしたということの「『取り放し/取り放ち』が(の)岳」と言うことでは無かったかと考える。何となく「取り放す」と言う言葉に新しさを感じていたが、11世紀の用例が見られる言葉である。戸放は「とりはなし」の音便と考える。

 「鳥放し」が「取り放し」だとすると、この安曇野の有明山の「ありあけ」は「手前」とは違ったかも知れないような気がしてくる。「ありわけ(在り・分け)」で「目立つ状態で別になっている」か、「わりわけ(割り・分け)」で「分割されて別になっている」ということで「取り放し」とほぼ同義となりそうだからである。有明山社旧社地だという「とりいやっこ(鳥居奴/鳥奴)」も「とりわけを(取り分け・峰)」の転訛かもしれないと考えると、「手前」にあることより「独立」のように見えることの方が注目されたのかも知れないと思う。「あり」の接頭した動詞や形容詞は色々とあり、「ありわけ」で他の山並みから独立しているニュアンスは伝わるような気がするが、「ありわく」、「ありわける」と言った言葉は辞典等に見ていない。「わりわく」、「わりわける」も見ていない。

参考文献
鈴木重武・三井弘篤,信府統記 上,新編 信濃史料叢書 第5巻,信濃史料叢書刊行会,1973.
上村孝二,屋久島方言の研究 ―語彙の部―,pp111-148,3,鹿児島大学法文学部紀要 文学科論集,鹿児島大学法文学部,1967.
小学館国語辞典編集部,日本国語大辞典 第1巻 あ〜いろこ,小学館,2000.
福岡博,総論,日本歴史地名大系42 佐賀県の地名,平凡社,1980.
石井孝芳・唐鎌祐祥・永窪一宏・松尾千歳,曽於郡,日本歴史地名大系47,鹿児島県の地名,平凡社,1998.
中田祝夫・和田利政・北原保雄,古語大辞典,小学館,1983.
楠原佑介・溝手理太郎,地名用語語源辞典,東京堂出版,1983.
小学館国語辞典編集部,日本国語大辞典 第9巻 ちゆうひ〜とん,小学館,2001.



トップページへ

 資料室へ 
Androidケータイ使いこなし術
(2003年8月8日上梓 2014年8月10日古い記録を分割 2017年7月14日山名考追加)