ウェンシリ岳(1142.3m)
ポロナイップ(ポロナイポ)川西面直登沢
地図

 ウェンシリ岳の沢と言うと難しいことで知られているが、西面沢は全く面白くない沢であった。完全にゴロ石ばかりで滝は1つもない。イラクサとヤチブキとイタドリばかりが激しく生い茂り、押し分けるのに腕が疲れて標高のわりに時間がかかった。地図を見て下流部は何もないことは想像できたけれど、源頭ではナメ滝の階段が少しはあるかなと期待していたのが・・・。沢の名前は地形図ではポロナイポロ川になっているが、現地の林道の名前ではポロナイップとあり、またポロナイポと呼ばれることもあるようだ。

 地下水位は古い山らしく高く、950m辺りまで汲めるくらいの水があった。水が切れるとすぐ猛烈なネマガリタケのブッシュとなり、漕いでいる1時間は殆ど地面に足が付かず、竹を踏んで山頂そばの登山道に着。

 順序が逆になるが、直登沢出合は地図で見ると前後に同じような出合が幾つも並んでいて、下流の広い川原では完全に伏流しており、支流の流路すら見当たらず、樹林で見通しも得られず出合を確認できなくて直登沢かどうか不安で、ひとつ上の左からの出合を確認に行ったりして40分ほど逡巡した。出合から山頂までは、地図では見通せそうな雰囲気だが見通せない。ヒグマの糞が多い。形跡も多い。

 ポロナイポロ川も名寄川本流も川の流れよりずいぶん谷の幅が広いのが不思議である。広い川原に湧き水の池があってちょっとした上高地のようであった。この辺りまで作業道が続いている。湧き水から先は作業道とも干上がった河道とも見えるゴロ石の上を歩く。

 下山は下川コースを使った。よく手入れされていて歩きやすい道であった。西面以外の北、東や南側の沢はいずれも中部日高の山岳を思わせる切り立った沢筋であるのが見えた。ヤブ漕ぎは少なそうに見えた。北方の稜線は地すべりか浸食の激しさか、二重山稜が見られた。

 登山口近くの「七尺ニレ」(日本銘木百選?)も見物してきたが、北大の理学部あたりのニレの方が立派なような気がした。

 難しいと言われる「ウェンシリ岳の沢に登ったぞ!」と猫だまし的に使える体験を得る沢登りである。



トップページへ

 物置へ戻る 
(2003年8月19日上梓)