hiroyasuさんのご報告 一筆書いていただきました。

尾立岳 (1061m)
おたてだけ

尾立岳 平成16年11月3日 職場の人と3人で

 現在,尾立峠から荒川ダムへは尾立峠のところでチェーンが張ってあり,バス,タクシー以外は荒川ダムの方へは通行できないようになっている。荒川ダムの近くの道路が崩れており危ないということかららしい。

 尾立峠に車を止め,荒川ダムの方へ歩いて入口を捜す。

 以前に尾立岳に登った人から「尾立峠から2番目の沢から入っていった。」と言うことを聞いていたが,「沢は危ないのでやめておこう。」ということになり沢の手前から入山する。

 藪が結構,行く手を遮るが,尾根沿いだったのでわかりやすかった。尾立岳手前の小さなピークには尾立峠から50分で到達する。

 そこから少し下りまた登るが,頂上から40mのところで視界の開けたところに出る。白骨樹を目の前に,太忠岳の全貌が見えるところだった。そこで休憩し,頂上を目指す。ところが,ここから頂上へのルートがなかなか見つからない。しばらくルートを探し,見当をつけ頂上へ。30分で到達。

 地図上にも三角点の印がないことから何も頂上の目印はないと思っていたのだが,やはり三角点も祠も何も見つからなかった。見通しはほとんどなく,木の間から愛子岳ははっきり確認できた。

 頂上手前の小さなピークに戻り1時間程,食事をとる。

 帰路は往路を辿らず,適当なところから沢を下る。

 1時間弱で車道に出る。やはり沢からのルートの方がわかりやすかったと思った。


白骨樹

手前ピークから太忠岳



トップページへ

物置へ戻る
(2004年11月19日上梓)