経歳鶴 椎空知山から

三角点経歳鶴(930.8m)
= ペトスルンぺ
= ニシタプペトツルポンヌプリ
1)

 東大北海道演習林の奥に位置し、その管理下のため山頂まで車道があるがあまり入られることはない。演習林とは反対側の北落合から登ってみた。標高としては地味な高さであるが、平坦な高原上で非常に目立つ独立峰の小山で、江戸時代の地図にもペトスルンペの名で描かれた。


経歳鶴の地図 北落合小学校前から落合生産組合農場に向かって車道を歩く。一帯は非常に景色が良い。北落合地区の標高は500mを超えており北海道でも有数の標高の高い地区である。南方にはペンケヌーシ岳をはじめとする日高山脈核心部の山々、東方は佐幌岳をはじめとする北日高の山々、西方は芦別岳と夕張岳の夕張山地、北方は十勝岳・下ホロカメットク山など十勝連峰の山々が展望できる。

 北落合の最奥の落合地区生産組合農場の突き当りまで除雪されていた。突き当たりの横は上水施設で道路の幅は広く駐車スペースもあった。


北落合の風景

北落合のおしゃれな建物

 T字路を左に入り500mほどで道は幾寅川の源流を横断するのでここからそれに沿って登る。沢沿い左岸には古い作業道跡がある。木々が生えて、夏は歩けなさそうな作業道跡であるが積雪期なら十分だ。802mと866mの標高点の間の鞍部は広々としてアカエゾマツなどの大木が茂っている。ここから先はスノーモービルの跡が多数ある。スノーモービルはT字路から幾寅川源流を経由せず、802m標高点を通ってここへ来るようだ。クマゲラなどの貴重な野生動物も多い地域なのに必要以上に音を立てて原動機で入って欲しくない気がする。

 エホロカアンベツ川支流の源頭を横断すると経歳鶴が見えてくる。その姿はちょっとした小山に過ぎない。エホロカアンベツ川は地形図では「エホロアカンベツ川」となっているが、これは誤記載である。この地域はパンケユクルベシベであった川がペイユルシエベ川、ペンケユクルベシベであった川がパンケヤーラ川と書かれるなど国土地理院発行の地形図の誤記載がひどい2)。本来のパンケヤーラ川は同じ南富良野町内でも金山地区にあり、金山峠に突き上げる川である。これらの誤りは大方編集が粗雑な「北海道河川一覧」の誤記が始まりと思われる。

 平坦な台地状の稜線を辿る。稜線はアカエゾマツの植林まもなく、雪上1m未満の若木が列をなして並んでいるが、どうも生育状況が良くないようだ。まだ小さいのに歯が欠ける様に並んでいたり、幹が大きく曲がっていたりする。また、大木も幾らか残されている。皆伐後の植林と言うわけではないらしい。しかし大木はいずれもひねこびたり枯れたりしており、密度も低く、全体として荒涼とした雰囲気である。ダケカンバの若木の密生している部分もある。


台地の上から経歳鶴

クマゲラの食痕

 経歳鶴の取り付きは木々がない開けた斜面でスノーモービルが遊びまわった跡が多数あった。この周囲の木にはウロが多く見られエゾモモンガの糞や尿の跡も見られた。クマゲラの食痕も多く見られる。そんな傍でエンジン音を響かせるとは・・・。

 経歳鶴へは特に問題なく登れる。150mほどだが斜面は疎林でスキーに適である。山頂は非常に広く南北に細長い。北側には東大演習林側から伸びる車道が続いている。北東側には斜面に張り出して駐車場が配備され、風に飛ばされて雪が切れて野生動物のトイレとなっていた。雪がないところは糞が目立たず、足元が冷えず、トイレに適なのだろうか。地図にはない東方へも車道は伸びて、カーブにはガードレールが雪原に目立っていた。山頂にはスノーモービルの跡が縦横にあった。また、少ないながらスキー登山の跡も見られた。

 展望は素晴らしい。西側の夕張山地はやや樹木に遮られるが、その他の方向は全て一望である。北には大麓山からトウヤウスベ山、富良野岳、十勝岳連峰が大きい。東には溶結凝灰岩からなる平坦な火山灰の台地の果てに石狩岳、ニペソツ山、ウペペサンケ山の東大雪の峰々。南には日高山脈の累々とつながる様子が見える。


大麓山

十勝連峰とガードレール

日高山脈方面

 東大雪の山々の手前の台地上は、植林と裸地の縞模様が刈ったばかりの少年の頭のようであった。

 クマゲラの飛ぶ姿を山頂から見た。鳴き声も聞いた。



芦別岳

山名考

 松浦武四郎の東西蝦夷山川地理取調図(1859)で、現在のトウヤウスベ山から一ノ山(858m)にかけての位置にヘトスルンベとして記されるが、東西蝦夷山川地理取調日誌の本文や手控の中では登場していないようだ。二等三角点「経歳鶴」930.8mのピークが山らしい姿でヘトシツルと読ませており、この三角点の名は何かしら関連があると思われる。点の記では三角点の所在地が俗称ニシタップペトツルポンヌプリとされており、案内人にアイヌの人の名が記されている。陸地測量部発行の北海道仮製五万分一図「ニシタプ上流」図幅(1896)で、ニシタプペトツルポンヌプリと書かれたピークは此処の事と思われる。この近辺で名前が付けられるほどに目立っているのはこのピークのみである。佐幌岳方面や大麓山方面から眺めた場合、この山以外の同程度の標高のピークは殆ど指呼出来ない。

 アイヌ語のpet utur un pe[川・の間・にある・もの]と思われる。エホロカアンベツ川或いはシーソラプチ川と西達布川に挟まれているということだろう。エホロカアンベツ川は小さな川なので、シーソラプチ川と西達布川の間と考える方が蓋然性は高いかと思われる。仮製五万図では川筋が正確に把握されていない故でもあるが、エホロカアンベツ川はニシタプペトツルポンヌプリに絡まっていない。ニシタプペトツルポンヌプリの名は、西達布地域を指すニシタプにはまだ確定的な解釈がないらしいので、西達布と表現して、西達布 pet utur 〔pon nupuri〕[西達布(の)・川・の間・小さくある・山]と考えておく。「西達布川の間」ではない。西達布(ニシタップ)自体が川の名のようである。

 松浦武四郎の戊午の日誌3)と戊午の手控4)の中の美瑛町美馬牛付近から描かれた絵図では、南方に見えないはずの十勝と空知の境を表す「文字」が描かれている(南方は日高になる)。フィールドノートである手控では「トカチソラチ境」となっている。日誌の絵図では「トカチソラチウトル」と描かれている。ウトルは位置名詞utur[の間]であろう。この言葉はペトツルンベという地名の中にも使われている。東西蝦夷山川地理取調図のヘトスルンベは十勝川と空知川の分水界上には位置しておらず、空知川流域の中である。この辺りの行程を武四郎は、和人の収奪の手が迫った石狩川上流域のアイヌが十勝側に逃げられる機会を残しておくように意図的に誤った「取調べ」をした4)という。只の十勝空知の境というニュアンスで手控に記した文字を、地図や日誌で扱いを変更したのかもしれない。手控では「トカチソラチ境」のすぐ左(東)に丸い小山が描かれ「ノタツ子ノホリ」の名が記されているが、経歳鶴より西の丸山(843m)の名かと思われる。

 経歳鶴の三角点の名はペトゥトゥpet utur、或いは連声していないペッウトゥの案内したアイヌの人の言葉が陸地測量部の人の耳に「ペトストゥル」のように聞こえたかと考えてみる。

 東西蝦夷山川地理取調図のヘトスルンベと言う山が江戸時代にあったのか松浦武四郎の記録からは判然としない、無かったのではという気がするが、三角点の名として、また仮製五万図に記録されているということで西達布川と空知川に挟まれたpet uturと言う言葉を含んだ山の名が近代にはあったと考えておく。

 類例として樺戸山地の三角点「辺止釣運瓶」のある山がある。

参考文献
1)
陸地測量部,北海道仮製五万分一図「ニシタプ上流」,陸地測量部,1896.
2)
山田秀三,北海道の地名,北海道新聞社,1984.
3)
松浦武四郎,秋葉實,戊午 東西蝦夷山川地理取調日誌 上,北海道出版企画センター,1985.
4)
松浦武四郎,秋葉實,松浦武四郎選集5 午手控1,北海道出版企画センター,2007.


トップページへ

 資料室へ 
(2008年3月27日上梓)